ビーチ・ボーイズの幻のアルバムが映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年11月9日 > ビーチ・ボーイズの幻のアルバムが映画化
メニュー

ビーチ・ボーイズの幻のアルバムが映画化

2004年11月9日 12:00

ブライアン・ウィルソンのアルバム「Smile」にまつわる物語が、ドキュメンタリー映画になることが分かった。「Smile」は、ビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」の次のアルバムとして予定されていたが、ウィルソンが精神病を患ったことにより、66年から04年まで未完成のままお蔵入りとなっていた。

この映画では、楽曲を共作したバン・ダイク・パークスや、ビートルズのプロデューサーとして知られるジョージ・マーティン、ローリング・ストーンズのマネージャーだったアンドリュー・ルーグ・オールダムに加え、エルビス・コステロロジャー・ダルトリーバート・バカラックらのインタビューが盛り込まれるほか、アルバム製作の初期段階を記録した貴重なフッテージも収録されるという。監督のデビッド・リーフは、03年のレコーディングの様子や、アルバム完成の様子、初めてのボーカルリハーサル、ロンドンでの公演の様子なども記録しているそうだ。本作は、12月10日にロンドンで公開。音楽ドキュメンタリー全盛の昨今、日本での公開の日もそう遠くはなさそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi