メル・ギブソンの問題作にローマ法王が太鼓判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年12月23日 > メル・ギブソンの問題作にローマ法王が太鼓判
メニュー

メル・ギブソンの問題作にローマ法王が太鼓判

2003年12月23日 12:00

どんなもんよ

どんなもんよ
[拡大画像]

イエス・キリストの最後の12時間を描いたというメル・ギブソン監督作「ザ・パッション・オブ・クライスト」が、バチカンで上映された。同作は、キリストの死に対する責任をユダヤ人に押しつけているため、反ユダヤ主義を招く恐れがあり、また、宗教間の対立をあおる危険があるとしてキリスト教・ユダヤ教両方の関係者から強く非難されていた。しかし、作品を鑑賞したローマ法王ヨハネ・パウロ2世は、同作がキリストの死について正確に描いているとコメント。試写に訪れた多数のバチカン関係者も「反ユダヤ主義的なものは全くなかった」とコメントしているという。これまで物議を醸していた同作だが、ローマ法王の太鼓判を得たことで、今後はスムーズに宣伝展開できそうだ。全米公開は、キリスト教の復活祭に向けた「四旬節」の最初の日、「灰の水曜日」にあたる2月25日に予定されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi