ヴィン・ディーゼル、「トリプルX」の続編を降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年10月7日 > ヴィン・ディーゼル、「トリプルX」の続編を降板
メニュー

ヴィン・ディーゼル、「トリプルX」の続編を降板

2003年10月7日 12:00

やっぱり問題児?「ワイルド・スピード」

やっぱり問題児?
[拡大画像]

トリプルX」の続編から、ヴィン・ディーゼルが降板することが決まった。彼の代役を務めるのは、ラッパーとしても知られるアイス・キューブ。オリジナルの監督を務めたロブ・コーエンも降板し、「ダイ・アナザー・デイ」のリー・タマホリがメガホンを握ることになった。ヴィン・ディーゼルとロブ・コーエン監督が続編からそろって降板するのは、「ワイルド・スピード」のときとまったく同じパターンである。当時、ヴィン・ディーゼルは、「ワイルド・スピード」の続編を「脚本が気に入らないから蹴った」と吹聴していたが、実は法外なギャラを要求して、スタジオ側からはねつけられただけだったと、共演したポール・ウォーカーが明かしている。その後、ヴィン・ディーゼル抜きで製作された「ワイルド・スピードX2」は大ヒットを記録する一方、ヴィン・ディーゼルの出演作である「ノックアラウンド・ガイズ」「ブルドッグ」の2作はどちらもコケて、ディーゼルにとって皮肉な結果となっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi