有罪。で、ウィノナはどうなる? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年11月12日 > 有罪。で、ウィノナはどうなる?
メニュー

有罪。で、ウィノナはどうなる?

2002年11月12日 12:00

これから名誉挽回よ!

これから名誉挽回よ!
[拡大画像]

ウィノナ・ライダーの万引き裁判に一応の決着がついた。1週間の審議を経て、ウィノナ・ライダーは「窃盗」と「私有物破壊」の罪状で有罪を言い渡された(「計画的犯行」に関してはシロとなった)。具体的な刑に関しては、12月6日に告知される予定だが、ウィノナが懲役刑を受ける可能性は低いとみられている。

ハリウッド女優のスキャンダルとしてメディアの注目を集めた裁判だが、疑問点も多い。まず、決定的な証拠を握られているウィノナが、どうして示談に持ち込まなかったのか。そして、たかが万引き事件のために、どうして検察が総力をあげて対決したのか。ウィノナが示談に持ち込まなかった理由については不明だが、検察が執拗に迫ったのは、「見せしめ」の意味合いが強いとみられている。O・J・シンプソン事件に代表されるように、「検察はセレブに甘い」という見方がアメリカには広まっていた。そのイメージを払拭するためにも、ウィノナには必要以上に厳しく追及したということのようである。

それが事実なら、踏んだり蹴ったりのウィノナだが(もちろん万引きは犯罪ですが)、ウィノナにもひとつだけメリットがあった。エージェントによると、裁判が始まって以来、映画の出演依頼が増えているということである。ホントかな?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi