ソダーバーグ監督、1年間の休養宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年11月5日 > ソダーバーグ監督、1年間の休養宣言
メニュー

ソダーバーグ監督、1年間の休養宣言

2002年11月5日 12:00

誰だって休息は必要ですね「ソラリス」

誰だって休息は必要ですね
[拡大画像]

ジョージ・クルーニー主演の「ソラリス」を完成させたスティーブン・ソダーバーグ監督が、1年間の休養宣言をした。「トラフィック」「オーシャンズ11」「フル・フロンタル」、そして「ソラリス」とノンストップで働き続けてきた同監督は、いつのまにか映画製作が辛くなってきたのだという。とくに「ソラリス」の撮影には苦労したそうで、いったん休養をとって頭の整理をしたいという考えだ。この間、映画製作はストップするが、できた時間を利用してデビッド・フィッチャー監督やスパイク・ジョーンズ監督らと共同で、独立スタジオの設立を実現したいという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi