バズ・ラーマンが「007」の監督に立候補? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年3月12日 > バズ・ラーマンが「007」の監督に立候補?
メニュー

バズ・ラーマンが「007」の監督に立候補?

2002年3月12日 12:00

スパイ同士の “愛の賛歌”ができ上がる?「ムーラン・ルージュ」

スパイ同士の
“愛の賛歌”ができ上がる?
[拡大画像]

ムーラン・ルージュ」など、独自の映像センスで知られるバズ・ラーマン監督が、「007」の監督を熱望しているらしい。現在、シリーズは最新作「Bond 20」の撮影の真っ最中だが、ラーマンは、できれば次回作でメガホンを握りたいと語っている(ちなみに、「Bond 20」の監督はニュージーランド人のリー・タマホリ)。「007」はどんな監督でも触手を伸ばしたくなる素材らしく、これまでもブレット・ラトナー(「ラッシュアワー」シリーズ)やジョン・マクティアナン(「ダイ・ハード」)、さらにはクエンティン・タランティーノらが熱望してきた。しかし「007」のプロデューサーは保守的で、これまでも新解釈を持ち込もうとする監督をことごとく拒否してきた。バズ・ラーマン監督の映像センスが、彼らに受け入れられるとはとうてい思えないのだが……。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi