映画ニュース

ファンが選ぶ「ONE PIECE」ルフィの名ゼリフ1位は「仲間がいるよ」

 
レギュラー声優陣とゲスト声優の香川照之、篠原涼子らが記念撮影

[映画.com ニュース]映画「ONE PIECE FILM Z」の公開を直前に控えた12月13日、“ONE PIECE AWARD”と銘打ったイベントが行われ、東京・六本木ヒルズに約3500人のファンが駆けつけた。田中真弓をはじめ、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明らおなじみの声優陣に加え、劇場版ゲスト声優の香川照之、篠原涼子、佐々木希、田中美保、西内まりやに脚本の鈴木おさむ、長峯達也監督らが出席した。

多くの観客が思い思いの海賊ルックに身を包んで会場に足を運んでいたが、登壇陣も海賊衣装で登場。真っ赤なコートを羽織ったルフィ役の田中さんをはじめ、おなじみの声優陣が“Z”の文字をかたどったブルーカーペットに登場すると、場内は大歓声に包まれた。

この日は、全国のファンの投票によって決定した“麦わら一味”各キャラクターの「もう一度生で聞きたい名ゼリフ」が発表された。ルフィのセリフNo.1に輝いたのは、「仲間がいるよ……」。これまでルフィとして数多くの名ゼリフを発してきて田中は、「“仲間”という言葉が入っていてほしかったので良かった」と笑顔をのぞかせ、観客の前でセリフを再現した。

声優初挑戦となった篠原は点数を聞かれ、「点数なんてつけられないです。自分ではやり直した方がいいんじゃないかと思うくらいでしたが、演出家の方に手取り足取り教えていただき、何とか上映できるようになったと思います」と恐縮しきり。すると、長峯監督は「100点です!」と太鼓判。香川は、劇中で“モサモサの実”の能力者を演じているが「(収録の)前の日にモサモサの実とどう発音するか練習していたら、息子に『違うな』と言われました。(息子は)自分がルフィかゾロだと思い込んでいるので」と苦笑交じりに明かした。

本作の前売り券の売り上げは、原作者・尾田栄一郎氏の製作総指揮のもと2009年に公開され、シリーズ最高となる興行収入40億円を突破した「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」対比で150%を記録。正月映画の目玉として、どこまで観客動員を伸ばせるのかに注目が集まる。

映画は原作の「魚人島」と「パンクハザード島」の間の物語で、元海軍大将で海賊殲滅を掲げるゼットが率いるNEO海軍との戦いが描かれる。イベントには、声優陣・スタッフに加え「ONE PIECE」好きを公言する「笑い飯」(西田幸治&哲夫)、「氣志團」の綾小路翔、埼玉西武ライオンズの石井一久投手らも訪れた。

「ONE PIECE FILM Z」は12月15日から全国で公開。