国内映画ランキング : 2019年8月31日~2019年9月1日

映画ランキング : 2019年9月2日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2019年8月31日~2019年9月1日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

公開館数

上映週

1 1 天気の子 358 7
2 2 ライオン・キング 372 4
3 3 劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD 313 2
4 4 劇場版 ONE PIECE STAMPEDE 352 4
5 引っ越し大名! 323 1
6 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 282 1
7 5 トイ・ストーリー4 369 8
8 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説 100 1
9 6 ロケットマン 319 2
10 7 二ノ国

二ノ国

配給:ワーナー・ブラザース映画

320 2

※ファーストラン時点、映画.com調べ

■「引っ越し大名!」は5位、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」6位スタート

8月31日~9月1日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。9月に突入したこの週末は上位4作品に変動なし。前週首位に返り咲いた「天気の子」が、週末2日間で動員34万7000人、興収4億1700万円をあげて首位をキープした。1日が映画を割安で鑑賞できる「映画サービスデー」ということもあり、動員は前週を上回った。累計動員は875万人、興収は116億円を突破している。

2位「ライオン・キング」は、週末2日間で動員26万4000人、興収3億4400万円をあげ、間もなく累計動員は390万人、興収55億円に到達する。

「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」は3位。週末2日間で動員20万5000人、興収2億5900万円を記録し、累計動員は92万人、興収は12億円を突破している。

4位「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE」は、週末2日間で動員20万人、興収は2億5200万円をあげ、累計動員は358万人、興収は47億円を超えた。

新作の「引っ越し大名!」は初登場5位。「超高速!参勤交代」シリーズを手がけた土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」を、星野源主演、犬童一心監督のメガホンで映画化したもの。8月30日から全国325スクリーンで公開され、土日2日間で動員19万9000人、興収2億3800万円を記録した。公開3日間では興収3億3600万円をあげており、これは12年に公開され、最終興収28.4億円を記録した犬童監督「のぼうの城」の興収比66.5%の成績。最終興収15億円以上が見込める出足となっている。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は6位スタート。クエンティン・タランティーノ監督の長編9作目となる。30日より全国320スクリーンで公開され、土日2日間で動員17万人、興収2億2600万円をあげた。これは16年に公開されたタランティーノ監督の前作「ヘイトフル・エイト」の興収比476.6%と大きく上回り、まずは興収15億円が当面の目標となりそうだ。

「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」は8位にランクイン。異世界に転生した主人公の珍道中を描いた人気ライトノベルを原作に、テレビアニメが第2期まで放送されたファンタジーコメディの劇場版。30日より全国100スクリーンで公開され、高稼働となっている。

2019年9月2日更新 和田隆

過去のランキング