国内映画ランキング : 2013年1月12日~2013年1月13日

映画ランキング : 2013年1月15日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2013年1月12日~2013年1月13日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)

劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)

配給:東宝

1
2 2 レ・ミゼラブル(2012)

レ・ミゼラブル(2012)

配給:東宝東和

4
3 1 ONE PIECE FILM Z

ONE PIECE FILM Z

配給:東映

5
4 96時間 リベンジ

96時間 リベンジ

配給:20世紀フォックス映画

1
5 LOOPER ルーパー

LOOPER ルーパー

配給:ギャガ、ポニーキャニオン

1
6 3 007 スカイフォール

007 スカイフォール

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

7
7 5 ホビット 思いがけない冒険

ホビット 思いがけない冒険

配給:ワーナー・ブラザース映画

5
8 4 映画 妖怪人間ベム

映画 妖怪人間ベム

配給:東宝

5
9 6 今日、恋をはじめます

今日、恋をはじめます

配給:東宝

6
10 9 青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版

青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版

配給:東宝

3

■「HUNTERxHUNTER」がV。「96時間」4位、「LOOPER」5位

3連休、最終日こそあいにくの大雪に見舞われた関東地方だが、映画館はそれなりに賑わった。

初登場で首位に躍り出たのは、「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」。「NARUTO」「ONE PIECE」などでおなじみ少年ジャンプ銘柄で、連載開始15年目にして初めて映画化された同作だが、オープニング2日間の成績は、動員35万7976人、興収4億5677万9000円と堂々たるもの。早くも興収20億円以上を射程にとらえている。

2位「レ・ミゼラブル」は興収27億円付近までやってきた。今週発表された第70回ゴールデン・グローブ賞では、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)以下3部門で受賞。また、来月発表される第85回アカデミー賞でも作品賞以下8部門のノミネートを受け、まだまだ数字を積み上げそうだ。

3位「ONE PIECE FILM Z」も引き続き好調。大雪の14日も興収1億4100万円を稼ぎ、累計興収は60億円を超えている。このまま行けば、1月中に70億円もクリアできそう。

4位には、「96時間 リベンジ」が初登場でランクイン。オープニング週末2日間の成績は、動員9万4112人、興収1億1468万6300円。09年8月公開の前作「96時間」の興収対比で113%という順調な出足。

5位は、こちらも初登場の「LOOPER ルーパー」。同じく2日間で動員9万2646人、興収1億1995万0800円と、4位とはかなりの僅差。

今週末は「テッド」「東京家族」「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」などが公開。来週はどんなランキングになるか?

2013年1月15日更新 駒井尚文

過去のランキング