全米映画ランキング : 2012年12月21日~2012年12月23日

ホーム > 映画ランキング > 全米映画ランキング : 2012年12月21日~2012年12月23日
メニュー

全米映画ランキング

2012年12月24日更新 藤井竜太朗

全米映画ランキング:2012年12月24日発表(毎週月曜日更新)

全米週末興行成績:2012年12月21日~2012年12月23日
(金額・順位は確定後のもの)Exhibitor Relations Co. Inc.

順位 先週 タイトル/邦題 配給
(日本配給)
上映週 週末の興収
(単位:$)
累計興収
(単位:$)
第1位 1 ホビット 思いがけない冒険 The Hobbit: An Unexpected Journey
「ホビット 思いがけない冒険」
Warner Bros.
(ワーナー・ブラザース映画)
2 36,705,000 149,858,000
第2位 アウトロー Jack Reacher
「アウトロー」
Paramount
(パラマウント)
1 15,600,000 15,600,000
第3位 40歳からの家族ケーカク This Is 40
「40歳からの家族ケーカク」
Universal 1 12,030,000 12,030,000
4 2 ガーディアンズ 伝説の勇者たち Rise of the Guardians
「ガーディアンズ 伝説の勇者たち」
Paramount 5 5,900,000 79,694,000
5 3 リンカーン Lincoln
「リンカーン」
Touchstone
(20世紀フォックス映画)
7 5,633,000 116,781,000
6 人生はノー・リターン 僕とオカン、涙の3000マイル The Guilt Trip
「人生はノー・リターン 僕とオカン、涙の3000マイル」
Paramount 1 5,390,000 7,421,000
7 モンスターズ・インク 3D Monsters, Inc. 3D
「モンスターズ・インク 3D」
Walt Disney
(ディズニー)
1 5,040,000 11,565,000
8 4 007 スカイフォール Skyfall
「007 スカイフォール」
Columbia
(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)
7 4,700,000 279,972,000
9 5 ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 Life of Pi
「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
20th Century Fox
(20世紀フォックス映画)
5 3,800,000 76,156,244
10 6 トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2 The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 2
「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2」
Summit Entertainment
(角川映画)
6 2,600,000 281,605,734

■「ホビット」V2。「アウトロー」2位、「ノックトアップ」のスピンオフが3位

クリスマス直前の全米ボックスオフィス。4本の新作がランクインした先週末だったが、ピーター・ジャクソン監督の「ホビット 思いがけない冒険」が約3670万ドルの興収でV2を果たした。

同作の10日間の累計興収は約1億5000万ドル。現状の数字を見る限り、最終興収は2億5000万~2億8000万ドルあたりになりそうだが、年末年始の成績如何によっては3億ドルに届く可能性も十分にある。

初登場2位はトム・クルーズ主演「アウトロー」。イギリスの小説家リー・チャイルドによる連作ミステリー小説の一編を映画化したハードボイルドアクション。元アメリカ陸軍捜査官の流れ者ジャック・リーチャー(クルーズ)がピッツバーグ近郊で発生した無差別銃殺事件の真相に迫る。オープニング興収は約1500万ドルで、最終興収は7000万ドル~8000万ドルほどになりそう。

3位に初登場となったのは、ジャド・アパトー監督による2007年公開の大ヒット作「無ケーカクの命中男 ノックトアップ」のスピンオフ「This Is 40」。「ノックトアップ」に登場したピートとデビーの夫婦が主人公となり、倦怠期を迎えた40代カップルとその家族の日常をコミカルに描いたファミリーコメディ。ピートを演じるポール・ラッド以外のレスリー・マン(デビー役)と娘ふたりは、本作でも監督を務めたアパトーの実の妻子で、アパトー一家の生活が多分に反映された作品となっている。共演はモードとアイリスのアパトー姉妹にジェイソン・シーゲル、ミーガン・フォックス、アルバート・ブルックス。R指定のためか、オープニング興収は約1200万ドルとやや低め。「ノックトアップ」の最終興収が約1億4800万ドル(オープニング興収は約3000万ドル)だっただけに、もう少し頑張ってもらいたいところだ。

オープニング興収約530万ドルで6位初登場となってしまったのは、「ノックトアップ」の主演セス・ローゲンと大物スター、バーブラ・ストライサンド共演によるロードムービー「The Guilt Trip」。軽い気持ちで実家に寄った中年男が自分の母親とふたりで長距離ドライブに出ることになり、行く先々で珍事件に巻き込まれるという内容。ヒットメーカーふたりの主演だったが、好スタートを切ることが出来なかった。監督は「あなたは私の婿になる」のアン・フレッチャー。

その他、7位にはディズニー/ピクサーのヒット作「モンスターズ・インク」の3D版「モンスターズ・インク 3D」がランクインした。

クリスマスはクエンティン・タランティーノ監督による西部劇「ジャンゴ 繋がれざる者」に、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ共演のミュージカル「レ・ミゼラブル」、ビリー・クリスタル、ベット・ミドラー、マリサ・トメイ共演のコメディ「Parental Guidance」が拡大公開となる。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi