国内映画ランキング : 2009年3月7日~2009年3月8日

映画ランキング : 2009年3月9日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2009年3月7日~2009年3月8日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 ヤッターマン

ヤッターマン

配給:松竹、日活

1
2 映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

配給:東宝

1
3 1 おくりびと

おくりびと

配給:松竹

26
4 ジェネラル・ルージュの凱旋 1
5 超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります! 1
6 2 チェンジリング

チェンジリング

配給:東宝東和

3
7 4 ベンジャミン・バトン 数奇な人生

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

配給:ワーナー・ブラザース映画

5
8 5 オーストラリア

オーストラリア

配給:20世紀フォックス映画

2
9 3 20世紀少年 第2章 最後の希望

20世紀少年 第2章 最後の希望

配給:東宝

6
10 7 マンマ・ミーア!

マンマ・ミーア!

配給:東宝東和

6

■「ヤッターマン」が「ドラえもん」押さえてV。「ジェネラル・ルージュ」4位

Jリーグが開幕し、WBCで日本が韓国にコールド勝ちした週末、映画興行はファミリー映画が席巻した。注目の「ヤッターマン」は全国312スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員38万5817人、興収4億5807万8450円という記録を叩き出した。今年のピカデリー系列の作品で比較すると、「ベンジャミン・バトン」の145%という興収で、この勢いだと興収30億円はほぼ確実、春休みをうまく稼働させれば40億円以上も夢ではない。おかげで2位デビューとなったのは、春の風物詩「ドラえもん」。364スクリーンで動員33万5738人、興収3億7291万8850円と、何と昨年の前作比72%に止まった。30億円に到達しないかも知れない。ピンチである。3位に落ちた「おくりびと」は、この週末も2億3000万円ほど稼いで累計興収が46億円に到達。50億円はもうすぐだ。4位「ジェネラル・ルージュ」は動員11万3376人、興収1億4811万8000円という出足。これは「チーム・バチスタ」のオープニング対比で38%の興収にすぎない。関係者にはちょっと誤算かも。5位の「ケロロ」は2日間で動員8万8774人、興収9823万0700円。こちらは昨年の前作比で約92%と手堅い。

2009年3月9日更新 駒井尚文

過去のランキング