国内映画ランキング : 2009年2月14日~2009年2月15日

映画ランキング : 2009年2月17日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2009年2月14日~2009年2月15日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 2 ベンジャミン・バトン 数奇な人生

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

配給:ワーナー・ブラザース映画

2
2 1 20世紀少年 第2章 最後の希望

20世紀少年 第2章 最後の希望

配給:東宝

3
3 少年メリケンサック

少年メリケンサック

配給:東映

1
4 3 マンマ・ミーア!

マンマ・ミーア!

配給:東宝東和

3
5 4 旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ 2
6 5 007 慰めの報酬

007 慰めの報酬

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

4
7 7 感染列島

感染列島

配給:東宝

5
8 6 ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー 2
9 フェイク シティ ある男のルール

フェイク シティ ある男のルール

配給:20世紀フォックス映画

1
10 9 チェ 39歳 別れの手紙

チェ 39歳 別れの手紙

配給:ギャガ・コミュニケーションズ、日活

3

■「ベンジャミン・バトン」首位浮上。「少年メリケンサック」は大健闘の3位

「ベンジャミン・バトン」が公開2週目で首位をつかんだ。本作は本年度アカデミー賞の最多13部門でノミネートを受けているが、来週の受賞作発表で、その興行の勢いは増すのか減るのか。2位に落ちた「20世紀少年 第2章」は、間もなく興収20億円を突破しそう。これは、1作目よりやや遅いペースである。そして、初登場で3位にランクインしたのが、クドカン&宮崎あおいの「少年メリケンサック」。初日・2日目の成績は、全国280館で動員15万4361人、興収2億0138万1550円となかなかのもの。この成績は、06年の宮崎あおい主演作「ただ、君を愛してる」(興収8.1億円)対比で171.8%とのこと。最終的には興収10億円以上、15億円あたりまで行けそうな出足である。4位に落ちたが、「マンマ・ミーア!」も引き続き好調で、累計興収は15億円を超えた。また、9位には「フェイクシティ」が初登場。今年のキアヌ・リーブスは、宇宙人になったり刑事になったり大忙しだ。今週末、20日にはクリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の「チェンジリング」が、21日にはウィル・スミス主演の「7つの贈り物」が公開となる。いずれもトップ10入りは確実だ。

2009年2月17日更新 駒井尚文

過去のランキング