国内映画ランキング : 2008年12月13日~2008年12月14日

映画ランキング : 2008年12月16日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2008年12月13日~2008年12月14日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 1 ウォーリー

ウォーリー

配給:ディズニー

2
2 劇場版MAJOR メジャー 友情の一球(ウィニングショット)

劇場版MAJOR メジャー 友情の一球(ウィニングショット)

配給:東宝

1
3 劇場版BLEACH ブリーチ Fade to Black 君の名を呼ぶ

劇場版BLEACH ブリーチ Fade to Black 君の名を呼ぶ

配給:東宝

1
4 2 252 生存者あり

252 生存者あり

配給:ワーナー・ブラザース映画

2
5 3 レッドクリフ Part I

レッドクリフ Part I

配給:東宝東和、エイベックス・エンタテインメント

7
6 4 私は貝になりたい

私は貝になりたい

配給:東宝

4
7 5 特命係長 只野仁 最後の劇場版 2
8 6 ハッピーフライト

ハッピーフライト

配給:東宝

5
9 7 まぼろしの邪馬台国

まぼろしの邪馬台国

配給:東映

7
10 8 映画 Yes!プリキュア5 GoGo! お菓子の国のハッピーバースデイ♪ 6

■「ウォーリー」V2。2位に「メジャー」、3位に「ブリーチ」

「ウォーリー」が今週も強い。正月映画の本命に相応しく、堂々の2週連続首位を記録している。続く2、3位には、いずれも東宝のアニメ作品がランクインした。まずは小学館少年サンデーで連載が始まり、後にNHK教育テレビでアニメ化された「メジャー」劇場版。公開2日間の成績は、動員14万0500人、興収1億4900万円というもの。興収10億円程度稼げば、今後シリーズ化される可能性は非常に高い。ひょっとして、NHKも出資してますか? 続いては、シリーズ3作目「劇場版BLEACH」。こちらは集英社(少年ジャンプ)およびTV東京とのコラボレーション。オープニング成績は2日間で動員13万7900人、興収1億5200万円と、3年目にして正月番組として十分定着している。前作対比では104%の興収なので、今作も10億円近くまで到達見込み。東宝的には、アニメ2作が同日公開となってしまったが、もし片方の公開が1週ずれていたとしたら……。1週前なら「ウォーリー」とぶつかるし、1週後なら、他の正月映画集団に巻き込まれていたところだった。何と今週末12月20日は、新作の封切りが34本もあるという超過密状態(19日公開も含む)。さて、来週はどんなランキングになるか?

2008年12月16日更新 駒井尚文

過去のランキング