国内映画ランキング : 2008年12月6日~2008年12月7日

映画ランキング : 2008年12月9日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2008年12月6日~2008年12月7日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 ウォーリー

ウォーリー

配給:ディズニー

1
2 252 生存者あり

252 生存者あり

配給:ワーナー・ブラザース映画

1
3 1 レッドクリフ Part I

レッドクリフ Part I

配給:東宝東和、エイベックス・エンタテインメント

6
4 2 私は貝になりたい

私は貝になりたい

配給:東宝

3
5 特命係長 只野仁 最後の劇場版 1
6 3 ハッピーフライト

ハッピーフライト

配給:東宝

4
7 10 まぼろしの邪馬台国

まぼろしの邪馬台国

配給:東映

6
8 4 映画 Yes!プリキュア5 GoGo! お菓子の国のハッピーバースデイ♪ 5
9 6 容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

配給:東宝

10
10 5 デス・レース

デス・レース

配給:東宝東和

2

■「ウォーリー」首位発進。「252」2位、「只野仁」は5位

正月映画シーズンが本格的に始まった。まずはお正月の大本命「ウォーリー」が予定通りに首位を奪った。公開2日間の興収は4億5000万円、これは「レミーのおいしいレストラン」(興収39億円)の最初の週末2日間対比で124.1%とのことで、ひとまず興収40億円が視野に入った。ライバル次第だが、うまくいけば50億円まで届く可能性も十分にある。続く2位には「252/生存者あり」がランクイン。こちらは2日間で興収2億円あまり。最終的には15億円を目指したいところだ。3位に落ちた「レッドクリフ」はそろそろ興収40億円を超えている頃で、「HERO」の持つ(日本映画以外の)アジア映画ナンバーワンの座を手中に収めた模様。4位の「私は貝になりたい」は、動員100万人を超えた。興収30億円に向けてまだまだ勢いを保っておきたいところ。そして5位には「特命係長 只野仁/最後の劇場版」が食い込んだ。2日間の成績は、動員6万3700人、興収8400万円。最終的には3~5億円といったところでしょう。今週末は「メジャー」「ブリーチ」と東宝のアニメが2本投入されるが、上位に大きな影響は出ないだろう。翌20日の週末の方が熾烈な戦いとなりそうだ。

2008年12月9日更新 駒井尚文

過去のランキング