国内映画ランキング : 2008年11月15日~2008年11月16日

映画ランキング : 2008年11月18日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2008年11月15日~2008年11月16日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 1 レッドクリフ Part I

レッドクリフ Part I

配給:東宝東和、エイベックス・エンタテインメント

3
2 ハッピーフライト

ハッピーフライト

配給:東宝

1
3 2 映画 Yes!プリキュア5 GoGo! お菓子の国のハッピーバースデイ♪ 2
4 3 容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

配給:東宝

7
5 4 ハンサム★スーツ

ハンサム★スーツ

配給:アスミック・エース

3
6 5 まぼろしの邪馬台国

まぼろしの邪馬台国

配給:東映

3
7 9 センター・オブ・ジ・アース

センター・オブ・ジ・アース

配給:ギャガ・コミュニケーションズ

4
8 7 ホームレス中学生

ホームレス中学生

配給:東宝

4
9 6 X-ファイル 真実を求めて

X-ファイル 真実を求めて

配給:20世紀フォックス映画

2
10 10 P.S.アイラヴユー

P.S.アイラヴユー

配給:ムービーアイ、東宝東和

5

■「レッドクリフ」V3。「ハッピーフライト」が2位デビュー

「レッドクリフ」が首位を守った。これまでの動員数は200万人を超え、興収は25億円を突破した。そして2位には「ハッピーフライト」が初登場。オープニング2日間で動員16万3500人、興収2億1600万円という出足は、04年の「スウィングガールズ」(興収21.5億円)の113%とのことで、ひとまず興収20億円以上というのが現実的な目標となった。だが、「スウィングガールズ」の166スクリーンに対し、「ハッピーフライト」は307スクリーンと公開規模が倍近いので、関係者的にはやや物足りない成績かも知れない。以下、続映作品が軒並み順位を落としている中で、デジタル3D映画「センター・オブ・ジ・アース」が順位を2つ上げているのが興味深い。また、「容疑者Xの献身」は今週でファーストランを終えるが、累計で43億円を稼いでいる。日比谷地区は、日劇PLEXからシャンテシネにムーブオーバーとなるほか、全国でまだしばらく上映が続くので、最終的に50億円近くまで到達する可能性がある。「ホームレス中学生」は、ここまで5億円を稼いでいるが、最終的には7億円前後。そして、今週末は「私は貝になりたい」「ブラインドネス」「トロピック・サンダー」などが登場。国内ランキングにも大きな動きが見られるはずだ。

2008年11月18日更新 駒井尚文

過去のランキング