国内映画ランキング : 2008年10月25日~2008年10月26日

映画ランキング : 2008年10月28日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2008年10月25日~2008年10月26日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 1 容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

配給:東宝

4
2 2 イーグル・アイ

イーグル・アイ

配給:角川映画、角川エンタテインメント

2
3 ホームレス中学生

ホームレス中学生

配給:東宝

1
4 釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様

配給:松竹

1
5 3 P.S.アイラヴユー

P.S.アイラヴユー

配給:ムービーアイ、東宝東和

2
6 ICHI

ICHI

配給:ワーナー・ブラザース映画

1
7 センター・オブ・ジ・アース

センター・オブ・ジ・アース

配給:ギャガ・コミュニケーションズ

1
8 5 劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン 4
9 4 おくりびと

おくりびと

配給:松竹

7
10 6 パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本

配給:東宝

7

■「ホームレス中学生」3位デビュー、「センター・オブ・ジ・アース」も大健闘

「容疑者X」が今週も首位をキープした。先週末も2日間で3億円を超える興収を記録し、これで4週連続の首位。累計興収は30億5300万円となっている。2位の「イーグル・アイ」も前週の位置をキープした。初登場作品で最上位に出現したのは、「ホームレス中学生」の3位。オープニング2日間では、動員9万0246人、興収1億1500万円と、まずまずというよりはやや物足りない成績。「電車男」級のブレイクを期待したが、なかなか難しかった。最終的には興収10億円まで持っていきたいところ。4位には「釣りバカ日誌19」がランクイン。2日間の成績は、大分県での先行上映を含め、動員8万1800人、興収8100万円となっている。そして6位には「ICHI」が、7位には「センター・オブ・ジ・アース」がランクインした。「センター・オブ・ジ・アース」は最先端の3D映像が話題だが、上映中の104スクリーンのうち、52が3Dで、あとの52は2Dとのこと。くれぐれもお間違えなく。同作のオープニング成績は、動員が7万4900人だが興収は1億2200万円と、興収では「ホームレス中学生」を上回る。3D上映が2000円という料金なので、こうした現象が起こる。なお、「ブーリン家の姉妹」が圏外11位ながら、なかなか健闘しているようだ。

2008年10月28日更新 駒井尚文

過去のランキング