国内映画ランキング : 2008年10月4日~2008年10月5日

映画ランキング : 2008年10月7日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2008年10月4日~2008年10月5日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

配給:東宝

1
2 劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン 1
3 2 ウォンテッド

ウォンテッド

配給:東宝東和

3
4 3 パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本

配給:東宝

4
5 4 おくりびと

おくりびと

配給:松竹

4
6 1 アイアンマン

アイアンマン

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

2
7 5 20世紀少年

20世紀少年

配給:東宝

6
8 6 イキガミ

イキガミ

配給:東宝

2
9 7 崖の上のポニョ

崖の上のポニョ

配給:東宝

12
10 9 大決戦!超ウルトラ8兄弟

大決戦!超ウルトラ8兄弟

配給:松竹

4

■「容疑者Xの献身」大ヒット。「さらば仮面ライダー」が2位

「最後の初恋」と「ハンコック」が圏外に去り、2本の邦画がランクイン。結果、何とトップ10中8作品が邦画で占められた今週のランキング。1位には「容疑者Xの献身」が輝いた。初日・2日間の成績は、動員40万7200人、興収5億4400万円というもの。今年の東宝作品で比較すると、「マジックアワー」(興収40億円)の107%、「20世紀少年」(35億円・続映中)の87%、「花男」(75億円)の54%となっており、着地点としては興収40億円あたりというところか。年齢層が幅広いのと、作品の評価が非常に高いこともあって、50億円まで届く可能性もある。2位の「仮面ライダー電王」は、今年4月の「電王&キバ」に続いて今年2度目の銀幕登場。さすがに今作は首位は獲れなかったが、相変わらず根強い人気を誇っている。以下、「ウォンテッド」は上位で踏ん張っているものの、「アイアンマン」が5ランクの急落を喫するなど、洋画陣営に元気がない。一方で「パコ」と「おくりびと」あたりは順調で、ともに17億円まで来ている。そして「ポニョ」は現在147億円。そろそろ圏外に消えてもおかしくないが、150億円までは行くはずだ。

2008年10月7日更新 駒井尚文

過去のランキング