国内映画ランキング : 2008年5月3日~2008年5月4日

映画ランキング : 2008年5月7日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2008年5月3日~2008年5月4日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン 1
2 1 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)

名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)

配給:東宝

3
3 2 少林少女

少林少女

配給:東宝

2
4 3 映画クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛(きんぽこ)の勇者! 3
5 4 紀元前1万年

紀元前1万年

配給:ワーナー・ブラザース映画

2
6 5 砂時計

砂時計

配給:東宝

2
7 6 スパイダーウィックの謎

スパイダーウィックの謎

配給:パラマウント

2
8 8 NEXT ネクスト

NEXT ネクスト

配給:ギャガ・コミュニケーションズ

2
9 7 劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

配給:東映

4
10 9 大いなる陰謀

大いなる陰謀

配給:20世紀フォックス映画

3

■「相棒」が怒濤の首位。ゴールデンウィークの救世主に

テレビ朝日開局50周年企画、東映配給の「相棒 劇場版」が5月1日に封切られ、怒濤のスタートダッシュを切った。初日1日の成績は、動員20万2521人、興収2億0483万9000円というもの。この日が映画サービスデイでなければ、興収2億5000万円相当の動員規模だ。ちなみに、同じ東映配給作品では、05年12月の「男たちの大和/YAMATO」が公開2日間で動員26万5542人、興収3億4328万円を記録しており、単日ではこれを上回る勢いを示している。その後の稼働も絶好調で、初日から5月6日までの6日間ですでに興収15億円を突破しており、このまま行けば30億円超えは確実。今後は「男たちの大和」の51.1億円にどこまで迫れるか、そして、「相棒 劇場版」がシリーズ化されるかどうかが注目となる。以下、2位以下の作品は特に前週と代わり映えせず、全般的に低調だったゴールデンウィーク市場にあって、「相棒」による興収の底上げは明るい材料となった。東映は、先月の「仮面ライダー」に続き、今年2作目のナンバーワン作品。ちなみに、東映の筆頭株主はテレビ朝日である。

2008年5月7日更新 駒井尚文

過去のランキング