国内映画ランキング : 2008年3月8日~2008年3月9日

映画ランキング : 2008年3月11日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2008年3月8日~2008年3月9日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

配給:東宝

1
2 ジャンパー

ジャンパー

配給:20世紀フォックス映画

1
3 1 ライラの冒険 黄金の羅針盤

ライラの冒険 黄金の羅針盤

配給:ギャガ・コミュニケーションズ、松竹

2
4 映画 クロサギ

映画 クロサギ

配給:東宝

1
5 バンテージ・ポイント

バンテージ・ポイント

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

1
6 3 ONE PIECE ワンピース エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜 2
7 2 L change the WorLd

L change the WorLd

配給:ワーナー・ブラザース映画

5
8 4 超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!

超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!

配給:角川映画

2
9 6 明日への遺言

明日への遺言

配給:アスミック・エース

2
10 7 ガチ☆ボーイ

ガチ☆ボーイ

配給:東宝

2

■「ドラえもん」が首位スタート。他3本の新作がランクイン

春休み興行を担う作品が続々と出揃ってきた。この週末は「ドラえもん/のび太と緑の巨人伝」が初登場首位を獲得。土日2日間で動員46万2283人、興収5億1607万3510円を記録し、前作(興収35億4000万円)の約92%と30億円以上が見込めるスタート(全国344スクリーン)を切って、同シリーズの根強い人気を見せつけた。主人公が瞬間移動する映像表現が話題となっていた「ジャンパー」は動員43万5948人、興収5億4551万8500円(先行上映成績含む)をあげて2位。今後あの予告編の衝撃効果でどのような興行を見せるか。前週、鳴り物入りで公開された「ライラの冒険」は3位に踏み止まるも、9日間で動員129万1852人、興収15億3766万2550円と当初の勢いが少し落ちているのが気になるところ。NEWSの山下智久映画初主演作「映画 クロサギ」は315スクリーンで公開され、4位スタート。動員23万8337人、興収2億8951万8600円は、「NANA2」(興収12億5000万円)の172%の出足。20億円超えを見込む。「バンテージ・ポイント」は5位につけたが、この手のサスペンス・アクションが最近なかなか弾けられない。そんな中、9位の「明日への遺言」はシニア層を中心に動員し、平日興行が強く、10日間で興収2億6000万円を突破。“映画力”を発揮して、息の長い興行が期待されている。

2008年3月11日更新 和田隆

過去のランキング