国内映画ランキング : 2007年6月30日~2007年7月1日

映画ランキング : 2007年7月3日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2007年6月30日~2007年7月1日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 ダイ・ハード4.0

ダイ・ハード4.0

配給:20世紀フォックス映画

1
2 1 パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

配給:ディズニー

6
3 シュレック3

シュレック3

配給:アスミック・エース、角川エンタテインメント

1
4 2 舞妓Haaaan!!!

舞妓Haaaan!!!

配給:東宝

3
5 3 憑神

憑神

配給:東映

2
6 4 300 スリーハンドレッド

300 スリーハンドレッド

配給:ワーナー・ブラザース映画

4
7 6 大日本人

大日本人

配給:松竹

5
8 7 ゾディアック

ゾディアック

配給:ワーナー・ブラザース映画

3
9 5 スパイダーマン3

スパイダーマン3

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

9
10 8 プレステージ

プレステージ

配給:ギャガ・コミュニケーションズ

4

■ダイ・ハード4.0」が首位デビューに成功。「シュレック3」が3位

全米では「レミー」の後塵を拝した「ダイ・ハード4.0」が、日本では「パイレーツ3」を蹴落とし、「シュレック3」を押さえて首位で発進した。先行上映、金曜初日の数字を加え、7月1日は映画サービスデーということもあってオープニング成績は動員が75万6548人、興収が8億9371万3450円という素晴らしい勢い。この数字は、72億円稼いだ前作「ダイ・ハード3」の116%とのことで、最終的には50億円あたりまで狙えそう。取りあえず、今年のサマーシーズン(5月以降公開作品)作品の3番手に浮上した。さらに数字を伸ばすには、現在の年齢やや高めの客層が、今後どこまで若くなるかにかかっている。2位に落ちた「パイレーツ3」は、この週末までに興収90億円を突破。100億超えにいよいよ王手をかけ、シリーズ最高記録もほぼ手中にしたと言っていいだろう。現状で「スパイダーマン3」と20億円以上の差がついたのは、やはりリピーターの数の違いということなのか? そして「シュレック3」が3位スタート。初日・2日間の成績は、動員33万8378名、興収3億6428万8200円となかなか好調。興収目標は30億円ということになろう。

2007年7月3日更新 駒井尚文

過去のランキング