国内映画ランキング : 2007年6月2日~2007年6月3日

映画ランキング : 2007年6月5日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2007年6月2日~2007年6月3日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 1 パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

配給:ディズニー

2
2 大日本人

大日本人

配給:松竹

1
3 2 スパイダーマン3

スパイダーマン3

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

5
4 そのときは彼によろしく

そのときは彼によろしく

配給:東宝

1
5 ザ・シューター 極大射程

ザ・シューター 極大射程

配給:UIP

1
6 5 眉山/びざん

眉山/びざん

配給:東宝

4
7 3 ゲゲゲの鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎

配給:松竹

6
8 4 俺は、君のためにこそ死ににいく

俺は、君のためにこそ死ににいく

配給:東映

4
9 女帝 エンペラー

女帝 エンペラー

配給:ギャガ・コミュニケーションズ

1
10 監督・ばんざい!

監督・ばんざい!

配給:東京テアトル、オフィス北野

1

■「大日本人」が2位デビュー。北野武・松本人志対決は松本に軍配

「パイレーツ3」が今週も首位をキープ。上映時間の長さ(2時間50分)をものともせず、前作と同等となる興収100億円を目指し、快調に航海を続けている。そして今週の話題は、ともにカンヌを沸かせた日本の芸人監督、北野武の「監督・ばんざい!」と松本人志の「大日本人」のガチンコ対決だ。結果は「大日本人」の圧勝で、同作は公開2日間で、221スクリーンから興収約2億2700万円を稼ぎ出して堂々の2位。興収10億円以上はほぼ確実で、15億円も十分可能な位置につけている。東劇が昨年新たにチェーンマスターになってから、過去最高の出足とのこと。一方の「監督・ばんざい!」は、公開館数が112と「大日本人」の半分ということもあってか10位が精一杯。オープニングの数字発表はないが、トータルでは興収5億円程度の興行となりそうだ。他には、長澤まさみと山田孝之、塚本高史の「そのときは彼によろしく」が4位に初登場。2日間で興収およそ8892万円を上げたが、こちらも興収10億円には達しないだろう。また、5位にはマーク・ウォールバーグ主演の「ザ・シューター/極大射程」が、9位にはチャン・ツィイー主演の「女帝/エンペラー」がランクインしている。

2007年6月5日更新 駒井尚文

過去のランキング