国内映画ランキング : 2007年5月19日~2007年5月20日

映画ランキング : 2007年5月22日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2007年5月19日~2007年5月20日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 1 スパイダーマン3

スパイダーマン3

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

3
2 2 ゲゲゲの鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎

配給:松竹

4
3 3 俺は、君のためにこそ死ににいく

俺は、君のためにこそ死ににいく

配給:東映

2
4 4 眉山/びざん

眉山/びざん

配給:東宝

2
5 5 名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

配給:東宝

5
6 6 バベル

バベル

配給:ギャガ・コミュニケーションズ

4
7 パッチギ! LOVE&PEACE

パッチギ! LOVE&PEACE

配給:シネカノン

1
8 7 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ歌うケツだけ爆弾!

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ歌うケツだけ爆弾!

配給:東宝

5
9 8 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

配給:松竹

6
10 主人公は僕だった

主人公は僕だった

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

1

■「スパイダーマン3」がV3。「パッチギ!」は7位からのスタート

首位の「スパイダーマン3」が引き続き好調。公開3週目の週末を過ぎ、累計興収は52億円を超えた。最終的には80億円を超えるだろうとの予測で、配給元のソニー・ピクチャーズは、昨年の「ダ・ヴィンチ・コード」(興収90.5億円)に続き、2年連続で5月の市場を制覇したわけである。以下、2位から6位までは前週と同じ顔ぶれが並んだが、7位にデビューしたのが「パッチギ!LOVE&PEACE」。詳しい数字は発表されていないが、この順位だと興収10億円越えは難しいのではないか。10位にはウィル・フェレル主演の「主人公は僕だった」がランクイン、イナゴのCFで勝負に出た、ヒラリー・スワンク主演の「リーピング」は惜しくも11位であった。振り返れば、ハリウッド映画が3本、その他7本が日本映画といういつものように邦高洋低なシェアとなったが、今週は、ハリウッド勢の威信をかけて「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」が封切りとなる。しかも、公開日を1日繰り上げ、24日の木曜公開という荒技(一応、先行上映ではあるが)。来週の1位は間違いないが、「スパイダーマン3」の数字を上回れるかどうか、日米ともに注目だ。

2007年5月22日更新 駒井尚文

過去のランキング