国内映画ランキング : 2007年4月21日~2007年4月22日

映画ランキング : 2007年4月24日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2007年4月21日~2007年4月22日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

メイン館

上映週

1

名探偵コナン/紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

配給:東宝

有楽座ほか東宝系 1
2

映画クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶ歌うケツだけ爆弾!

配給:東宝

日劇2ほか東宝系 1
3 1

東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン

配給:松竹

丸の内ピカデリー2ほか松竹・東急系 2
4

ロッキー・ザ・ファイナル

配給:フォックス

TOHOシネマズ六本木ヒルズほか 1
5

ハンニバル・ライジング

配給:東宝東和

日劇3ほか東宝系 1
6 2

ナイトミュージアム

配給:フォックス

日比谷スカラ座ほか東宝系 6
7 3

ブラッド・ダイヤモンド

配給:ワーナー

サロンパス・ルーブル 丸の内ほか松竹・東急系 3
8

ラブソングができるまで

配給:ワーナー

丸の内プラゼールほか松竹・東急系 1
9 5

アンフェア the movie

配給:東宝

TOHOシネマズ六本木ヒルズほか東宝系 6
10 6

ホリデイ

配給:UIP

シネマメディアージュほか東宝系 5

※ファーストラン時点

■「コナン」&「クレしん」2年連続ワンツー。「ロッキー」4位、「ハンニバル」5位

ゴールデンウィーク戦線真っ只中。見事に首位デビューを決めたのが、「名探偵コナン 紺碧の棺」だ。公開2日間の成績は、動員およそ38万5000人、興収約4億5000万円と絶好調。それでも、前作「探偵たちの鎮魂歌」(興収30.3億円)に比べると84.6%という水準。とはいえ、今作も同程度の成績が期待できる。2位には「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ歌うケツだけ爆弾!」がデビュー。こちらは、2日間で動員がおよそ26万4000人、興収約3億円と、前年同作対比で90%。こちらも好スタートである。「コナン」「クレしん」は昨年も同日公開でワンツー・デビューを決めている。一方、先行上映の数字を積算し、トップ獲りを狙った「ロッキー・ザ・ファイナル」だが、動員15万4000人、興収2億円という水準では4位が精一杯だった。作品の評判はなかなか良好なので、今後の粘りに期待。また、5位には「ハンニバル・ライジング」が登場。2日間の動員は約11万人、興収およそ1億5000万円。初登場はもう1本、ヒュー・グラントとドリュー・バリモア主演の「ラブソングができるまで」が8位にランクインしている。

2007年4月24日更新 駒井尚文

過去のランキング