マスコミ注目度ランキング : 2005年9月1日~2005年9月7日

マスコミ注目度ランキング : 2005年9月15日発表(毎週火曜更新)

集計期間:2005年9月1日~2005年9月7日

順位

先週

作品

露出回数

ポイント

1

四月の雪

配給:UIP

110.0
2

TAKESHIS'

配給:松竹/オフィス北野

54.0
3

チャーリーとチョコレート工場

配給:ワーナー

28.5
4

奥様は魔女

配給:ソニー

28.0
5

NANA

配給:東宝

23.0
6

SHINOBI

配給:松竹

22.0
7

セブンソード

配給:ワーナー

14.0
8

サマータイムマシン・ブルース

配給:東芝

9.0
9

メゾン・ド・ヒミコ

配給:アスミック

8.0
10

理想の女

配給:ギャガ

7.0

※「露出回数」とは、その作品に関する記事が、1週間のうちに何回登場したかをカウントした延べ露出回数です。この数値は順位には反映されません。

破壊的な露出力で「四月の雪」がダントツのトップ

何と言っても今週は、新作「四月の雪」のプロモーションのために来日したヨン様の話題が、スポーツ新聞を中心に圧倒的な露出を果たしトップを飾った。厳戒態勢の記者会見や、ファン・ミーティングで起こったクレーム騒ぎなど、映画だけでなく周辺の話題も、各紙が独自の視点でり上げている。第2位はベネチア映画祭で初のお目見えとなった北野武の新作「TAKESHIS'」。ただ、北野作品好きが多い欧米でも、今回はかなり困惑を持って迎えられているようだ。また、成田で帰国した北野監督とヨン様がニアミスするハプニングもあり、そちらも多くの媒体が取り上げていた。3位の「チョコレート工場」は10年ぶりに来日したジョニー・デップに注目が集まった。作品評も好意的で、チョコレートの香りを劇場に漂わせるサービスを朝日新聞が取り上げていた。4位の「奥様は魔女」は来日絡みのネタはないものの、監督のインタビューが各一般紙で一斉に露出、朝日新聞の名物コーナー「銀の森」でも扱われ順位を上げた。5位「NANA」は中島美嘉のライブ、初日舞台挨拶、作品評がバランスよく露出している。次の「SHINOBI」は6日に行われた浜崎あゆみの飛び入りの舞台挨拶によるもの。7位「セブンソード」はオープニングとなったベネチア映画祭の現地レポートをスポーツ紙各紙がピックアップ。以下10位までは差はほとんどないが作品の評価は「理想の女」が多く取り上げられている。

2005年9月15日更新 駒井尚文

過去のランキング