国内映画ランキング : 2001年12月22日~2001年12月23日

映画ランキング : 2001年12月25日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2001年12月22日~2001年12月23日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

メイン館

上映週

1 1

ハリー・ポッターと賢者の石

配給:ワーナー

丸の内ピカデリー1ほか松竹・東急系 4
2

バニラ・スカイ

配給:UIP

日比谷スカラ座1ほか東宝系 1
3 2

スパイ・ゲーム

配給:東宝東和

日本劇場ほか東宝系 2
4 3

千年の恋/ひかる源氏物語

配給:東映

丸の内東映ほか東映系 2
5 5

シュレック

配給:UIP

日劇プラザほか東宝系 2
6 4

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃/とっとこハム太郎 ハムハムランド大冒険

配給:東宝

日劇東宝ほか東宝系 2
7

《冬の角川アニメ超豪華4本立て》サクラ大戦 活動写真/スレイヤーズぷれみあむ ほか2本

配給:東映

丸の内シャンゼリゼほか東映・東急系 1
8 6

スパイキッズ

配給:アスミック

丸の内ピカデリー2ほか松竹・東急系 2
9 8

千と千尋の神隠し

配給:東宝

みゆき座ほか東宝系 23
10 9

冷静と情熱のあいだ

配給:東宝

有楽町スバル座ほか東宝系 7

※ファーストラン時点

■「ハリー・ポッター」余裕のV4。向かうところ敵なし!

4週目の週末の動員が、3週目と比較してほぼ100%とまったく息切れを見せない「ハリー・ポッターと賢者の石」が今週も1位。文字通り、正月映画の人気を独占して突っ走っている。全米の勢いが頭を打っているのに比べ、日本では1月いっぱいトップに居座りそうな雰囲気だ。年内にも興収100億円をクリアするのは間違いないだろう。続いて、初登場で2位に食い込んできたのが、トム&ペネロペ共演の「バニラ・スカイ」。毎度のことながら、トム・クルーズの積極的なプロモーションの効果もあって、きっちりヒットに漕ぎつけている。果たして、トータルの成績では「スパイ・ゲーム」とどちらが上になるか? その「スパイ・ゲーム」以下、3位~5位の各作品は、前週からの落ち込みが40%程度見られ、早くも前途多難な状態に。冬休み突入後の巻き返しに期待だ。7位には角川アニメ4本立てがランクインしたが、ファミリー向けではないせいか苦戦の見通し。なお、正月本番を前に、「ムーラン・ルージュ」と「アトランティス」が早くもトップ10から姿を消してしまった。

2001年12月25日更新 駒井尚文

過去のランキング