ビルギット・ミニヒマイアー : ウィキペディア(Wikipedia)

ビルギット・ミニヒマイヤー(Birgit Minichmayr, 1977年4月3日 – )は、オーストリア・リンツ出身の女優。

経歴

リンツに生まれる。パッシングに育ち、高校卒業後、演劇学校マックス=ラインハルト=ゼミナールでクラウス・マリア・ブランダウアーらに師事。在学中からウィーンのブルク劇場に出演。

2001年のベルリン国際映画祭で新人女優として注目され、シューティング・スター賞を受賞。

2004年のレックリングハウゼンでの舞台で主役を演じる。このときの共演が元で、ベルリンの人民劇場に活動拠点を移す。2005年にはトム・ティクヴァ監督作品『パフューム ある人殺しの物語』(パトリック・ジュースキント原作)で主人公の母親を演じた。

現在はベルリンとウィーンに居住している。2007年からは再びブルク劇場に定期的に出演するようになり、「リア王」の道化や「マクベス」のマクベス夫人を演じたりしている。2009年、マレン・アデ監督の『Alle Anderen』に出演し、第59回ベルリン国際映画祭でミシェル・ファイファーレネー・ゼルウィガーを抑えて主演女優賞を獲得した。

ドイツのロックバンドDie Toten Hosenのミュージックビデオにも出演し、ボーカルのカンピーノとデュエットして歌声も披露している。テレビドラマへの出演も多い。

主な出演映画(日本公開作品)

  • ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年)(ゲルダ・クリスティアン)
  • パフューム ある人殺しの物語(2006年)
  • HANAMI(2008年)
  • 白いリボン (2009年)
  • 恋愛社会学のススメ (2009年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/02/24 15:00 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ビルギット・ミニヒマイアー」の人物情報へ