山下敦弘 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 山下敦弘 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

山下敦弘のウィキペディア

山下 敦弘(やました のぶひろ、1976年8月29日 - )は、日本の映画監督。愛知県半田市出身松井玲奈:出身地・豊橋で映画祭アンバサダーに 「すてきな時間と思い出を」 堤幸彦、山下敦弘らも参加へ まんたんウェブ 2018年8月28日閲覧。。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。

略歴・人物

愛知県立阿久比高等学校在学中から自主映画を製作。後の山下映画の常連俳優となる山本剛史とは中学校の同級生で、高校は別だったが自主映画仲間だった。

大学時代の先輩に熊切和嘉山本浩司宇治田隆史本田隆一元木隆史。同期には寺内康太郎呉美保柴田剛などがいる。卒業制作として撮った『どんてん生活』のビデオを、知人に配っていたら、篠崎誠経由で(北野武を国際的に紹介した批評家の)トニー・レインズに注目され、国際映画祭に出品される『ユリイカ』山下敦弘特集号。

大学の同級生だった向井康介(現在は脚本家)とのコンビで『どんてん生活』(1999年)『ばかのハコ船』(2002年)『リアリズムの宿』(2003年)の通称"ダメ男三部作"を20代で完成させ、。

その後、女子高生を主役にした『リンダ リンダ リンダ』(2005年)で新境地を開拓。『天然コケッコー』では、『ジョゼと虎と魚たち』の脚本家・渡辺あやと組み、第32回報知映画賞・最優秀監督賞を最年少受賞。2014年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。キネマ旬報ベストテンでも『リンダ リンダ リンダ』(2005年6位)『天然コケッコー』(2007年2位)『マイ・バック・ページ』(2011年9位)『苦役列車』(2012年5位)『もらとりあむタマ子』(2013年9位)と、若手監督としては群を抜く入賞歴を誇っている。 向井と、やはり学生時代から組んでいたカメラマンの近藤龍人との3人で「真夜中の子供シアター」名義でも活動する。

俳優としても、自作や他人の監督作に出演。Theピーズ、作家の伊坂幸太郎らとのコラボレーション『実験4号』にも携わっている。

文芸誌『文学界』の鼎談で、入籍したことを明らかにしている。山本浩司、山本剛史・出演の『ふたりの山本』という短編のオチにそのことがネタになっている。

2015年、ドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』において、東京ドラマアウォード2015の演出賞を松江哲明とともに受賞。

監督作品

劇場公開用映画

  • どんてん生活(1999年)
  • ばかのハコ船(2002年)
  • リアリズムの宿(2003年)
  • くりいむレモン(2004年)
  • リンダ リンダ リンダ(2005年)
  • 松ヶ根乱射事件(2007年)
  • ユメ十夜(2007年)※「第八夜」監督
  • 天然コケッコー(2007年)
  • マイ・バック・ページ(2011年)
  • 苦役列車(2012年)
  • エアーズロック〜まさかの劇場版(2012年。TVドラマ『エアーズロック』の上映用劇場編集版。11月3日吉祥寺バウスシアターにて)
  • ありふれたライブテープにFocus(2013年)
  • もらとりあむタマ子(2013年11月23日)
  • 超能力研究部の3人(2014年12月6日)
  • 味園ユニバース(2015年2月14日)
  • オーバー・フェンス(2016年9月17日)
  • ぼくのおじさん(2016年11月3日)
  • 映画 山田孝之3D(2017年6月16日)松江哲明との共同監督。
  • ハード・コア(2018年11月23日)

短編映画

  • その男、狂棒に突き
  • よっちゃん
  • 不詳の人
  • 道(子宮で映画を撮る女)
  • パリ、テキサス、守口
  • 中学生日記(原作:Q.B.B)(2005年)
  • It's a small world(DVD付き書籍『実験4号』の一部)
  • 我ら天下を目指す
  • 曇天吉日(keep walking theatreの一作)
  • ご近所UMAモロベエ(2012年)

テレビドラマ

  • 谷村美月17歳、京都着。〜恋が色づくその前に〜(2007年)
  • 蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ(2008年、WOWOW)
  • 週刊真木よう子「中野の友人」(2008年、テレビ東京)
  • 深夜食堂「タマゴサンド」(2009年、毎日放送)
  • 深夜食堂2「唐揚げとハイボール」(2011年、毎日放送)
  • エアーズロック(2012年4月–7月、GAINAX)※今泉力哉と共監督
  • 山田孝之の東京都北区赤羽(2015年、テレビ東京)※本人出演
  • 山田孝之のカンヌ映画祭(2017年、テレビ東京)※本人役出演

その他

  • 鬼畜大宴会(1998年、熊切和嘉監督)助監督
  • CM「角川文庫 夏の100冊」(2008年、松山ケンイチ主演)
  • 土俵際のアリア(LISMOオリジナルドラマ、2009年)
  • MUSIC ON! TV ステーションID"シーズン・グリーティングID"「タマ子」シリーズ(2012年11月 - 、MUSIC ON! TV)
  • 午前3時の無法地帯(BeeTV配信ドラマ、2013年)
  • 乃木坂46「君の名は希望」ミュージックビデオ(2013年)
  • フジファブリック「カンヌの休日 feat. 山田孝之」ミュージックビデオ(2017年2月15日)
  • ライス単独ライブ「ブラン」(2017年7月7日-7月9日、CBGKシブゲキ‼)OP映像監督

受賞歴

  • 毎日映画コンクール
    • 第62回日本映画優秀賞
  • 報知映画賞
    • 第32回監督賞
  • TAMA映画賞
    • 第8回最優秀作品賞
  • 映画芸術
    • 2005年度作品ベストテン第1位
    • 2007年度作品ベストテン第3位
    • 2012年度作品ベストテン第1位
    • 2013年度作品ベストテン第6位
  • キネマ旬報ベスト・テン
    • 第79回日本映画ベスト・テン第6位
    • 第79回読者選出日本映画ベスト・テン第3位
    • 第81回日本映画ベスト・テン第2位
    • 第85回日本映画ベスト・テン第9位
    • 第86回日本映画ベスト・テン第5位
    • 第87回日本映画ベスト・テン第9位
    • 第90回日本映画ベスト・テン第9位
  • ヨコハマ映画祭
    • 第29回日本映画ベストテン第2位
  • 朝日ベストテン映画祭
    • 第70回最優秀作品賞
  • ゆうばり国際ファンタスティック映画祭
    • 第11回オフシアター部門グランプリ
  • KINOTAYO現代日本映画祭
    • 第10回ソレイユ・ドール 観客賞
  • おおさかシネマフェスティバル
    • 2015年監督賞
    • 2015年日本映画ベストテン第3位
  • 芸術選奨文部科学大臣新人賞
    • 2018年度映画部門

出演作

  • 世田谷リンダちゃん(タナダユキ監督)
  • ピーカン夫婦
  • 幽霊より怖い話 VOL.4
  • 歌謡曲だよ人生は 乙女の祈り(宮島竜治監督)
  • フィッシュストーリー(中村義洋監督)クラブのマスター役
  • モテキ(テレビドラマ版第9話、漫画家のアシスタント役)
  • たぶらかし-代行女優業・マキ-(第5話、山下役)
  • 夢売るふたり(西川美和監督、2012年)
  • いだてん〜東京オリムピック噺〜(第5話、カメラマン役)

関連項目

  • [[:Category:山下敦弘の監督映画]]
  • 前田敦子 - 山下映画ファンで、『苦役列車』で助演、その後もコラボレーションに参加。

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/03/06 10:35 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 山下敦弘
  • 山下敦弘の作品
  • 山下敦弘の受賞歴
  • 山下敦弘の写真・画像
  • 山下敦弘の動画
  • 山下敦弘の関連記事
  • 山下敦弘のDVD
  • 山下敦弘のWikipedia
  • 山下敦弘の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi
採用情報