安川午朗 : ウィキペディア(Wikipedia)

安川 午朗(やすかわ ごろう、1965年8月9日 - )は、日本の作曲家。愛知県出身、長野県飯田市育ち映画『白ゆき姫殺人事件』作品情報スタッフの項、映画『白ゆき姫殺人事件』公式サイト、2014年3月1日閲覧。。

略歴

東京芸術大学音楽学部作曲科中退。在学中からスタジオ・ミュージシャンとして活動し、1989年頃の石井隆との出会いから、映像作品の音楽を手掛けるようになる。主に実写の日本映画の音楽を手がけており、石井隆のほとんどの映画作品の音楽を担当しているほか、瀬々敬久平山秀幸の作品も多い。

長石多可男監督の推挽を得て、『超光戦士シャンゼリオン』で初の特撮番組を担当した。同番組への思い入れは強いようで、放送当時に発売された玩具のほとんどを個人的に購入したという『超光戦士シャンゼリオン オリジナルサウンドトラック2』(日本コロムビア、1996年)。しかし、癖のある作品だったため、音楽も一筋縄ではいかないものを要求されることになり、苦労したとのこと。そのためか、打ち上げの席で「いつかリベンジしたい」と語っており『ファンタスティックコレクション 超光戦士シャンゼリオン バイブル』(朝日ソノラマ、2002年)、『仮面ライダー THE FIRST』でそれを果たすことになった。

2012年、映画『八日目の蝉』の音楽で第35回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した日本アカデミー賞公式サイト第35回日本アカデミー賞優秀賞発表! 2012年3月3日参照。。

受賞歴

  • 第35回日本アカデミー賞最優秀音楽賞(2012年、『八日目の蝉』)
  • 第68回毎日映画コンクール 音楽賞(2013年、『凶悪』)中山雄一朗、第68回毎日映画コンクール発表!『舟を編む』が日本映画大賞(2014年1月21日)、シネマトゥデイ、2014年1月21日閲覧。
  • 第35回ヨコハマ映画祭 音楽賞(『凶悪』『フィギュアなあなた』『甘い鞭』『人類資金』ほか)
  • 第38回日本アカデミー賞優秀音楽賞(2014年、『ふしぎな岬の物語』)第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月17日閲覧。
  • 第39回日本アカデミー賞優秀音楽賞(2015年、『ソロモンの偽証 前篇・事件』)

音楽担当作品

ビデオ

  • 月下の蘭(1990年)
  • パチンコグラフィティ(1991年)
  • フラットアウトベイビー(1993年)

映画

  • 死んでもいい(1992年)
  • ヌードの夜(1993年)
  • 夜がまた来る(1994年)
  • 赤い閃光(1994年)
  • GONIN(1995年)
  • GONIN2(1996年)
  • KOKKURI コックリさん(1997年)
  • 黒い下着の女 雷魚(1997年)
  • ろくでなしBLUES '98(1998年)
  • 汚れた女(1998年)
  • 黒の天使1(1998年)
  • 地雷を踏んだらサヨウナラ(1999年)
  • 黒の天使2(1999年)
  • なで肩の狐(1999年)
  • アナーキー・インじゃぱんすけ 見られてイク女(1999年)
  • HYSTERIC(2000年)
  • JUNK 死霊狩り(2000年)
  • 蝉祭りの島(2000年)
  • 棒 Bastoni(2001年)
  • RUSH! ラッシュ(2001年)
  • TOKYO G.P.(2001年)
  • ON AIR オンエアー(2001年)
  • トーキョーXエロティカ(2001年)
  • GUN CRAZY(2002年)
  • ドッグスター(2002年)
  • SFホイップクリーム(2002年)
  • OUT(2002年)
  • 夢追いかけて Touch a Dream 浜名湖発〜学び座(2003年)
  • MOONCHILD(2003年)
  • HAZAN(2003年)
  • 魔界転生(2003年)
  • 花と蛇(2004年)
  • デビルマン(2004年)
  • レディ・ジョーカー(2004年)
  • 《LOVE COLLECTION》OLDK オーエルディーケー(2004年)
  • ユダ(2004年)
  • サンクチュアリ(2005年)
  • アダン(2005年)
  • 不良少年(ヤンキー)の夢(2005年)
  • 花と蛇2(2005年)
  • フライ,ダディ,フライ(2005年)
  • 仮面ライダー THE FIRST(2005年)
  • スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ(2006年)
  • 長州ファイブ(2006年)
  • 親指さがし(2006年)
  • どろろ(2007年)
  • しゃべれども しゃべれども(2007年)
  • 人が人を愛することのどうしようもなさ(2007年)
  • キャプテン(2007年)
  • やじきた道中 てれすこ(2007年)
  • 仮面ライダー THE NEXT(2007年)
  • スーパーカブ(2008年)
  • ラブファイト(2008年)
  • しあわせのかおり(2008年)
  • 感染列島(2008年)
  • カメレオン(2008年)
  • フライング☆ラビッツ(2008年)
  • おと・な・り(2009年)
  • 行旅死亡人(2009年)
  • ロストパラダイス・イン・トーキョー(2009年)
  • ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う(2010年)
  • ヘヴンズ ストーリー(2010年)
  • 君に届け(2010年)
  • ちょんまげぷりん(2010年)
  • 信さん・炭坑町のセレナーデ(2010年)
  • KG カラテガール(2010年)
  • 行きずりの街(2010年)
  • 八日目の蝉(2011年)
  • 大鹿村騒動記(2011年)
  • サルベージ・マイス(2011年)
  • しあわせのパン(2012年)
  • 道〜白磁の人〜(2012年)
  • ペンギン夫婦の作りかた(2012年)
  • Another アナザー(2012年)
  • 北のカナリアたち(2012年)
  • みなさん、さようなら(2013年1月26日)
  • 草原の椅子(2013年2月23日、東映)
  • フィギュアなあなた(2013年)
  • 甘い鞭(2013年)
  • 凶悪(2013年9月21日)
  • 人類資金(2013年10月19日)
  • 琉球バトルロワイアル(2013年)
  • ジンクス!!!(2013年)
  • ルームメイト(2013年)
  • 白ゆき姫殺人事件(2014年3月29日)
  • ぶどうのなみだ(2014年10月11日)
  • ふしぎな岬の物語(2014年10月11日)
  • 近キョリ恋愛(2014年10月11日)
  • ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判(2015年)
  • 赤い玉、(2015年)
  • ストレイヤーズ・クロニクル(2015年6月27日)
  • GONINサーガ(2015年9月27日)
  • 残穢 -住んではいけない部屋-(2016年1月30日)
  • 殿、利息でござる!(2016年)
  • 団地(2016年)
  • 日本で一番悪い奴ら(2016年)
  • なりゆきな魂、(2017年)
  • ちょっと今から仕事やめてくる(2017年)
  • ユリゴコロ(2017年)
  • エルネスト もう一人のゲバラ(2017年)
  • 孤狼の血(2018年)
  • 空飛ぶタイヤ(2018年)
  • ごっこ(2018年)
  • 菊とギロチン(2018年)
  • ビブリア古書堂の事件手帖(2018年)
  • 半世界(2019年)
  • ねことじいちゃん(2019年)
  • 閉鎖病棟 -それぞれの朝-(2019年)
  • グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜(2019年)
  • 一度も撃ってません(2020年)
  • 孤狼の血 LEVEL2(2021年)

テレビ

  • 超光戦士シャンゼリオン(1996年)
  • ゆずれない夜(1996年)
  • 情熱大陸(1998年)メインテーマ
  • 別れる2人の事件簿(2000年)
  • 特捜最前線2012 爆破0.01秒前の女(2012年)
  • プレイガール2012(2012年)
  • 特捜最前線×プレイガール2012(2012年)
  • ヒトリシズカ(2012年)
  • 神谷玄次郎捕物控(2014年)
  • 神谷玄次郎捕物控2(2015年)
  • 妻と飛んだ特攻兵(2015年)
  • バイバイ、ブラックバード(2018年)
  • すぐ死ぬんだから(2020年)

出典

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/02/13 04:40 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「安川午朗」の人物情報へ