村上光一 : ウィキペディア(Wikipedia)

村上 光一むらかみ こういち、1940年3月2日 - )は、株式会社フジテレビジョン相談役、日本映画放送株式会社相談役、東京外国語大学理事。

来歴・人物

台湾生まれ、東京育ち。東京都立新宿高等学校、東京外国語大学外国語学部スペイン語学科を卒業。1962年、フジテレビに入社。主に編成畑を歩み、1980年代フジテレビお笑い番組の編成側の中心的存在となる。

編成局編成部長を経て、1988年7月編成局長に就任。1991年6月取締役編成局長に就任し、同年7月からはフジテレビ出版代表取締役社長を兼任。

1995年6月常務取締役(編成担当)を経て、1998年エールエムエヌジャポン(現アジャンス・デ・ミュゼ・フランセ)代表取締役会長に就任。1999年6月専務取締役業務推進本部長(番組審議室担当)に昇格。

2000年2月日本映画衛星放送の初代代表取締役社長となり、2001年6月からフジテレビジョンの代表取締役社長に就任。前任の日枝久に続く2人目の生え抜き社長だった。3期6年務めた後、2007年6月に相談役に退いた。2009年9月より東京外国語大学の理事を務める。

エピソード

編成時代の代表作は1978年の『白い巨塔』で、本人もチョイ役で出演したことがある。

若い頃に無断で長期休暇を取り、ヨーロッパにオペラ鑑賞に行った事がある。

1985年の日航機墜落事故ではスクープ映像放送に大きく貢献した。

俳優の中村敦夫は高校・大学の同級生で、夫人は内舘牧子の高校の同級生である。

社長時代の2003年に起きた「王シュレット事件」では自身もプロデューサーらと共に大阪ドームまで赴き、直々に王貞治監督(当時)に謝罪した。

『めちゃ×2イケてるッ!』のファンであることを公言している。2005年1月29日放送の「フジTV警察24時」に出演し、運転手と間違えられるという扱いを受けながらもメンバーに感謝状を手渡した。

同年7月の『FNS25時間テレビ』の「トリビアの温泉」で、報道記者の村上真理子に「報道部員なんだから、御行儀よくレポート頼むよ」とフジテレビを代表して応援したが、結局評価(あつい)の数は多く獲得するには至らなかった。

2007年6月16日放送「おかもんたの朝メチャッ!」に出演した際は番組への特別表彰を「社長最後の仕事」として行った。

社長就任後の2001年から『FNSの日』の製作総指揮を6年連続で務めていた(歴代社長では日枝に次いで2人目、通算では4人目)。この間、「笑福亭鶴瓶全裸事件」など不祥事もあった(この事件については後日、鶴瓶が村上社長に謝罪している)。

出演

  • とんねるずのみなさんのおかげでした
  • VivaVivaV6(2002年9月12日放送)
  • はねるのトびら(2004年7月放送)
  • 27時間テレビ(2004年、2005年)
  • もしもツアーズ(2004年8月9日「フジテレビ縄電車見学ツアー」)
  • めちゃ×2イケてるッ!(2005年1月29日・2007年6月16日放送)

携わった映画

製作

  • ズッコケ三人組 怪盗X物語(1998)
  • ラヂオの時間(1997)
  • パラサイト・イヴ(1997)
  • 瀬戸内ムーンライト・セレナーデ(1997)
  • 美味しんぼ(1996)
  • 八つ墓村(1996)
  • 7月7日、晴れ(1996)
  • バースデイプレゼント(1995)
  • 白鳥麗子でございます!(1995)
  • 鬼平犯科帳(1995)
  • love letter(1995)
  • 花より男子(1995)
  • ヒーローインタビュー(1994)
  • とられてたまるか!?(1994)
  • ラストソング(1994)
  • 眠らない街・新宿鮫(1993)
  • 水の旅人 侍KIDS(1993)
  • 七人のおたく(1992)
  • きらきらひかる(1992)
  • パ★テ★オ PATIO(1992)
  • 女殺油地獄(1992)
  • 病は気から 病院へ行こう2(1992)
  • 新・同棲時代(1991)
  • 江戸城大乱(1991)
  • 創竜伝(1991)
  • 病院へ行こう(1990)
  • 夢の祭り(1989)
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE(1998)
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003)
  • BAYSIDE SHAKEDOWN 2(2003、東宝/「THE MOVIE2」のリミックス再編集版)

製作総指揮

  • 波の数だけ抱きしめて(1991)
  • 就職戦線異状なし(1991)
  • タスマニア物語(1990)
  • 彼女が水着にきがえたら(1989)
  • 孔雀王(1988)

企画

  • 時雨の記(1998)
  • ストロベリーロード(1991)
  • 誘惑者(1989)
  • ジュリエット・ゲーム(1989)
  • 木村家の人びと(1988)
  • 優駿 ORACION(1988)

社会的活動

  • 国立大学法人東京外国語大学経営協議会委員

関連項目

  • 日本テレワーク(同社の社外取締役を務めていた)
  • 亀渕昭信(ニッポン放送取締役相談役)
  • 通信と放送の融合
  • 水野成夫(村上入社時のフジテレビ社長)
  • 小林俊一(元フジテレビプロデューサー、小林が担当するドラマの編成は主に村上が手掛けていた)
  • 田丸美寿々(元フジテレビアナウンサー、村上の大学の後輩)
  • 城ヶ崎祐子(元フジテレビアナウンサー、村上の大学の後輩)
  • 横澤彪同期。

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/07/19 13:51 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「村上光一」の人物情報へ