藤井貢 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 藤井貢 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

藤井貢のウィキペディア

藤井 貢(ふじい みつぐ、1909年8月28日 - 1979年10月23日)は、東京市出身の俳優、元ラグビー選手。日本代表・キャップは1。

来歴

慶應義塾普通部と慶應義塾大学予科を経て、慶應義塾大学法学部政治学科に進学『日本映画俳優全集・男優編』、キネマ旬報増刊1979年10月23日号、キネマ旬報社、1979年、P501。同大学ではラグビー部で活動して、ラグビー日本代表として初のキャップ対象試合となった、1930年9月24日にカナダ、バンクーバーで行われたブリティッシュコロンビア州代表戦にセンター(CTB)のポジションで出場した大友信彦編『ザ・ワールドラグビー』、新潮社、P44。1931年に横浜外人チームとの試合でアキレス腱を断裂したために、ラグビー選手を引退する『日本映画俳優全集・男優編』、キネマ旬報増刊1979年10月23日号、キネマ旬報社、1979年、P501。 1932年5月に、当時、松竹蒲田撮影所所長であった城戸四郎にスカウトされて、大学在学中に松竹蒲田に入社して俳優になった『日本映画俳優全集・男優編』、キネマ旬報増刊1979年10月23日号、キネマ旬報社、1979年、P501。その後は東京発声映画製作所、新興キネマ、松竹下加茂撮影所と変遷するが、松竹蒲田制作の『大学の若旦那』シリーズ大学の後輩にあたる加山雄三が主演した、若大将シリーズのルーツと言われている。の主演、松竹下加茂制作で高田浩吉と組んだ『彌次喜多シリーズ』などに出演『日本映画俳優全集・男優編』、キネマ旬報増刊1979年10月23日号、キネマ旬報社、1979年、P501。第二次世界大戦後は松竹、大映、東映で活躍した。また、晩年はピンク映画にも数本出演した。

関連項目

  • 東京都出身の人物一覧
  • 慶應義塾普通部
  • 慶應義塾體育會蹴球部

参考文献

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2017/12/20 11:58 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 藤井貢
  • 藤井貢の作品
  • 藤井貢の受賞歴
  • 藤井貢の写真・画像
  • 藤井貢の動画
  • 藤井貢の関連記事
  • 藤井貢のDVD
  • 藤井貢のWikipedia
  • 藤井貢の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi