原正人 : ウィキペディア(Wikipedia)

原 正人(はら まさと、1931年11月18日 - )は、日本の映画プロデューサー。Hara Office代表。

経歴

埼玉県生まれ。早稲田大学理工学部中退後に今井正山本薩夫監督などの下で制作、宣伝として第一期独立プロ運動に参加する。1958年に日本ヘラルド映画に入社、洋画ヒット作を生む傍ら、手塚治虫監督作『千夜一夜物語』(1969年)や、黒澤明監督作『デルス・ウザーラ』(1975年)など邦画製作に携わる。

1981年にヘラルド・エースを創立、映画製作や洋画の輸入・配給で、ミニシアター・ブームの基を作る。1995年に角川書店と提携、翌1996年には社名をエース・ピクチャーズに改める。

1998年、アスミックと合併し設立された「アスミック・エース エンタテインメント(現 アスミック・エース)」の代表取締役社長に就任。その後同社会長、相談役を経て、2016年まで特別顧問を務めた。

担当映画作品

プロデューサー

  • 赤い帽子の女(1982年)
  • 瀬戸内少年野球団(1984年 監督:篠田正浩
  • 乱(1985年)
  • 銀河鉄道の夜(1985年)
  • 源氏物語(1987年)
  • 風の又三郎 ガラスのマント(1989年)
  • 舞姫(1989年 監督:篠田正浩)
  • 写楽(1995年 監督:篠田正浩)
  • 失楽園(1997年)
  • 不夜城(1998年)
  • 金融腐蝕列島〔呪縛〕(1999年)
  • 雨あがる(2000年)
  • 狗神(2001年)
  • 突入せよ!「あさま山荘」事件(2002年)
  • 明日への遺言(2008年)

エグゼクティブ・プロデューサー

  • 戦場のメリークリスマス(1983年)
  • 片翼だけの天使(1986年)
  • 瀬戸内少年野球団 青春編 最後の楽園(1987年)
  • 夢の祭り(1989年)
  • プロスペローの本(1991年)
  • クルタ 夢大陸の子犬(1995年)
  • [Focus](1996年)
  • 月とキャベツ(1996年)
  • リング(1998年)
  • らせん(1998年)
  • リング2(1999年)
  • 死国(1999年)
  • 黒い家(1999年)
  • リング0 バースデイ(2000年)
  • ISOLA 多重人格少女(2000年)
  • 阿弥陀堂だより(2002年)
  • 武士の家計簿(2010年)
  • 草原の椅子(2013年)

企画、製作協力、アドバイザーなど

  • 千夜一夜物語(1969年)企画・製作協力
  • クレオパトラ(1970年)製作協力
  • 哀しみのベラドンナ(1973年)製作協力
  • デルス・ウザーラ(1975年)製作協力
  • 南極物語(1983年)アドバイザー
  • 食卓のない家(1985年)製作協力
  • 人生は琴の弦のように(1991年)製作協力
  • 瀬戸内ムーンライト・セレナーデ(1997年)企画
  • 女刑事RIKO 聖母の深き淵(1998年)企画・製作
  • 女刑事RIKO 女神の永遠(1998年)企画・製作
  • スパイ・ゾルゲ(2003年)エグゼクティブ・スーパーバイザー
  • 武士の献立(2013年)エグゼクティブ・アドバイザー

書籍

  • 「映画プロデューサーが語る“ヒットの哲学”」(構成:本間寛子/2004年 日経BP社)ISBN 9784822243593
  • 「日本ヘラルド映画の仕事 伝説の宣伝術と宣材デザイン」 監修(著:谷川建司/2017年 パイ インターナショナル)監修 ISBN 9784756248176

受賞歴

  • プロデューサー協会賞
  • 仏政府芸術文化勲章オフィシェ(1993年)
  • 淀川長治賞(2001年)
  • 山路ふみ子文化財団特別賞(2002年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/08/25 18:57 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「原正人」の人物情報へ