ディアオ・イーナン : ウィキペディア(Wikipedia)

ディアオ・イーナン (刁 亦男、、1968年11月30日 - ) は、中国の映画監督・脚本家。

来歴

1968年11月30日、陝西省西安市で生まれる。1992年に中央戯劇学院を卒業。その後、脚本家として活動を始め、チャン・ヤン監督の『スパイシー・ラブスープ』(1997年)や『こころの湯』(1999年)などの作品の脚本を手がけた。

2003年に長編『制服』で映画監督としてデビュー。ロッテルダム国際映画祭で2つの特別表彰を受け、バンクーバー国際映画祭でも賞を受ける。2007年に発表した2作目の『夜行列車』は第60回カンヌ国際映画祭のある視点部門に出品され、ワルシャワ国際映画祭ではグランプリを受賞した。

2014年、7年ぶりの長編『薄氷の殺人』を発表。第64回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞し、主演のリャオ・ファンにも男優賞をもたらした。

作品

監督作品

  • 制服 (2003年)
  • 夜行列車 (2007年)
  • 薄氷の殺人 白日焰火 (2014年)
  • 南方车站的聚会 (2019年)

脚本作品

  • スパイシー・ラブスープ 愛情麻辣燙 (1997年)
  • 将愛情進行到底 (1998年)
  • こころの湯 洗澡 (1999年)
  • 走到底 (2001年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/11/01 08:08 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ディアオ・イーナン」の人物情報へ