ジェンセン・アクレス : ウィキペディア(Wikipedia)

ジェンセン・アクレス(Jensen Ackles、1978年3月1日 – )は、アメリカ合衆国の俳優。テキサス州ダラス出身。本名はジェンセン・ロス・アクレス(Jensen Ross Ackles)。身長は186cm(6フィート1¼インチ)あり、瞳の色はヘイゼルグリーン。現在はオースティン在住。 CWネットワークのテレビシリーズ『スーパーナチュラル』でディーン・ウィンチェスター役を演じていた。『デイズ・オブ・アワ・ライブス』のエリック・ブレイディ役(デイタイム・エミー賞に何度かノミネートされている)、『ダークエンジェル』のアレック(X5-494)役、『ヤング・スーパーマン』(原題は『スモールヴィル(Smallville)』)のジェイソン・ティーグ役で有名である。また、興行的に成功した『マイ・ブラッディ・バレンタイン3D』では主演を務め、人気アニメ映画『バットマン:アンダー・ザ・レッド・フッド』ではジェイソン・トッドの声を担当した。

生い立ち

ジェンセン・アクレスはテキサス州ダラスで、俳優のアラン・ロジャー・アクレスとドナ・ジョアン・シャファーの間に生まれた。兄弟は兄ジョシュアと妹マッケンジー。イングランド、アイルランド、スコットランドの血を引いている。1990年にダートマス小学校を卒業し、1993年にはアポロ中学校、1996年にはLVバークナー高校を卒業している。スポーツジャンキーで、サッカー、ラクロス、野球、バスケットボールが大好き。高校では野球とラクロスのチームでプレーしたこともある。彼が演技の虜になったのは、ダラスで俳優をしていた父親の影響が大きかったからだという。父親が台本を勉強しているのをよく見ていたそうで、それが業界のことを少しだけ教えてくれた。高校時代の終わり頃、彼は演劇の授業を受けるようになり、その中で自分は唯一の「ジョック」(=学校カーストの最上位に所属している生徒)だと主張していた。彼がちょうど2年生の時、ジェンセンの友人が地元の演技セミナーに参加しないかと誘ってきた。クレイグ・ワーゴとエージェントの「マイケル・アインフェルド」の2人はジェンセンの才能に興味を持ち、一緒にロサンゼルスに行きたいと考えていた。ジェンセンはテキサス工科大学に合格しておりその後はスポーツ医学を学び、理学療法士になろうと考えていたためその申し出を断らなければならなかった。しかし入学式当日ロサンゼルス行きを決め(一時は彼らから忘れ去られると思っていたが)彼らの助けを借りることができた。

経歴

2歳の時にモデルを始めた。4歳になってからはナビスコ、ラジオシャック、ウォルマートのテレビコマーシャルに出演し始めた。アクレスが俳優業に専念し始めたのは1996年からである。彼は『ミスターローズ』『スウィート・ヴァレー・ハイ』『シビル』にゲスト出演した後、1997年NBCのソープオペラ『デイズ・オブ・アワ・ライブス』のエリック・ブレイディ役にキャスティングされた。その活躍により、1998年にはソープオペラダイジェストアワード最優秀新人男優賞を受賞し、1998年-2000年の3回に渡りデイタイム・エミー賞ドラマシリーズ優秀若手男優賞にもノミネートされている。

アクレスは2000年に『デイズ・オブ・アワ・ライブス』を離れた後、マリリン・モンローの生涯を描いたミニシリーズ『ブロンド』ににエディ・G役で出演した。また彼は『ヤング・スーパーマン』の若きクラーク・ケント役のオーディションも受けたが、この役はトム・ウェリングが演じることになった。役の獲得に失敗した後、2001年、FOXネットワークのジェームズ・キャメロンのテレビシリーズ『ダークエンジェル』にて、主人公マックス(X5-452、ジェシカ・アルバ)の「兄弟」であり連続殺人鬼のベン(X5-493)役としてゲスト出演をした。彼の演じたキャラクターはそのエピソード内で死亡したが、第2シーズンにはレギュラーキャラクターであるベンの双子の弟アレック(X5-494)として戻ってきた。彼は2002年にこのドラマが打ち切りとなるまでレギュラーキャストだった。

2003年を通じてアクレスは安定した活躍をみせた。ワーナー・ブラザースの人気ドラマ『ドーソンズ・クリーク』の最終シーズンではジェン・リンドリー(ミシェル・ウィリアムズ)の恋人CJ役を演じ、その後はFOXネットワークの未放送作品『スティルライフ』で突然の制作打ち切りになるまでの数話を撮影した。2004年には短編映画『ザ・プライト・オブ・クラウナナ』で端役を演じている。またアクレスは『トゥルー・コーリング』のプロデューサーに、第2シーズンでのトゥルー・デイビーズ(エリザ・ドゥシュク)の恋人役に一番に指名されていたが、彼はその役を断った。そのためその役は別の俳優が演じたが『トゥルー・コーリング』のプロデューサーがアクレスの名前を気に入っていたため、役名は「ジェンセン」となった。 2004年、アクレスは『ヤング・スーパーマン』において、アシスタント・フットボールコーチであり、ラナ・ラング(クリスティン・クルック)に恋心を寄せるジェイソン・ティーグ役でレギュラーとなり、『ダークエンジェル』の撮影地でもあったバンクーバーに戻ってきた。また2005年には映画『いけにえ』(原題は『ディバウアー(Devour)』)に主演、ジェイク・グレイを演じ、ジェイクの父親役であった実父の俳優アラン・アクレスとも共演を果たした。

『Men's Fitness』(2006年10月)や『Hollywood Life』(2007年6月)のファッション撮影でもモデルを務めてる。

2005年、ワーナー・ブラザースのホラー/アクションシリーズ『スーパーナチュラル』のキャストに加わり、ディーン・ウィンチェスター役で出演。ディーンと彼の兄弟サム(ジャレッド・パダレッキ)は、全米各地を車で巡っては超常現象を調査し、モンスターを狩ったり、悪魔や天使との戦闘を行った。2020年11月15シーズンでフィナーレを迎え、北米で最も長く続いたSFシリーズとなった。

2006年夏、アクレスはインディペンデント系コメディ作品『テンインチ・ヒーロー』のプリーストリィ役を引き受けた。この作品は2007年始めにニューポートビーチ映画祭、フェニックス映画祭、サンタクルーズ映画祭などの映画祭で限定公開されたが、主要な主流の劇場公開には至らなかった。しかしアクレスのそのコメディタッチの間合いは賞賛の的となった。2008年春、『テン・インチ・ヒーロー』はブロックバスター社からDVDで独占発売された。彼はまた2007年6月5日~10日にテキサス州フォートワースのカーサ・マニャーナ・シアターにおいて『ア・フュー・グッドメン』のダニエル・キャフィー中尉役として、ルー・ダイアモンド・フィリップスとともに舞台出演もしている。

2006年9月、アクレスが『バイオハザードIV アフターライフ』のレオン・S・ケネディ役で出演交渉を進めているという噂が流れたが、アクレスの代理人がIGNの取材に答える形で噂は事実ではないと否定した。 しかしながら、その後も同様の噂が度々流れ、2009年8月にカナダのバンクーバーで行われた『スーパーナチュラル』コンベンションにて、バイオハザード出演に関する話は全て噂にすぎないと、本人の口から否定されたJared & Jensen Panel - Captain America & Resident Evil RUMOR!? - 8 - Van Con 09 2009年8月30日 (YouTube, 2009年9月2日) - 「I've not gotten any calls from my agent. I have not gotten a script. I have not talked to anyone about it. It's all a rumor.」 (最終的に、『バイオハザードV リトリビューション』でレオン・S・ケネディ役がヨアン・ハーブに決定、発表されたことで、一連の噂に終止符が打たれた)。

2008年夏、2009年1月16日に全国公開されたカルト映画『マイ・ブラッディ・バレンタイン3D』のリメイク版にキャスティングされた。

2010年夏には、7月27日にDVDとブルーレイで発売されたアニメ映画『(Batman: Under the Red Hood)』でジェイソン・トッドの声を担当。

2010年10月22日、ディズニー・インタラクティブ・スタジオは、2010年12月7日に発売されたビデオゲーム『トロン:エボリューション』でギブソンというキャラクターの声をジェンセンが担当することを発表した。

2019年、ジェンセンは『バットマン:ザ・ロング・ハロウィン』のコミックを原作としたアニメ映画の声優を務めるのではないかと噂されていた。ジェンセンはコンベンションの挨拶でも声優の仕事をしたことに言及していた。しかし2020年8月に発表された内容によると、第1部は2021年夏に、第2部と最終部は2022年秋に公開されるとのこと。

ジェンセンは、DCコミックスのスーパーヒーロー『Green Lantern Corps(グリーン・ランタン)』(2020年)でガイ・ガードナーとハル・ジョーダンの主役になる可能性があるとリンクされている。

2020年8月には、エリック・クリプキが企画に参加しているAmazon配信のSFブラックコメディテレビドラマシリーズ『ザ・ボーイズ(The Boys)』のシーズン3キャストにソルジャーボーイとして参加することが発表された。

2020年10月、妻のダニールと共に制作会社「Chaos Machine Productions」を設立し、ワーナー・ブラザースと独占契約を結んだ。ストリーミングサービス・ケーブル・放送ネットワーク向けの新番組の制作・開発・制作を行う。

音楽活動

コンベンションでのパフォーマンスを何年も続けてきたアクレスは、プロのシンガーとして初のオリジナル曲「Sounds of Someday」をリリースした。2018年、彼はミュージシャンのSteve CarlsonとコラボしてRadio Companyを結成。アクレスとカールソンは一緒に『Radio Company Vol.1』と題したデビューアルバムを完成させた。アルバムのファーストシングルはiTunesでリリースされ、2019年11月にはアルバムがリリースされた。

私生活

2001年頃から友人として親交のあった女優・ダニール・ハリスと、インディペンデント映画「Ten Inch Hero」での共演をきっかけに2006年から交際をスタート。2009年11月に婚約を発表し、翌年2010年5月15日に結婚。式はテキサス州のダラスで執り行われ、ダニールはクラシックスタイルの白色ストラップレスのウェディングドレス、ジェンセンはタキシードを着た。

2013年5月30日、第一子となる女の子(ジャスティス・ジェイ・アクレス)が誕生。

テキサス州ドリッピング・スプリングスにある「ファミリー・ビジネス・ビール・カンパニー」醸造所の共同経営者で、妻と義理の両親と一緒に経営している。醸造所の名前はスーパーナチュラル(「ファミリービジネス」はシリーズのキャッチフレーズである)から命名された。

ジェンセン・アクレスとスーパーナチュラルの共演者ジャレッド・パダレッキミーシャ・コリンズは、2018年のテキサス州上院議員選挙でベト・オルークを支持した。

2019年、「Krewe of Bacchus」のパレードで51代目King of Bacchusに選ばれた。

出演作品

映画

公開年邦題原題役名備考
2004 ザ・プライト・オブ・クラウナナThe Plight of Clownana ジェンセン 短編
2005 いけにえDevour ジェイク・グレイ
2007 テンインチ・ヒーローTen Inch Hero プリーストリィ
2009 ブラッディ・バレンタイン3DMy Bloody Valentine トム・ハニガー
2010Batman: Under the Red Hoodジェイソン・トッド / レッド・フード声優として
2019バディ・ゲームズThe Buddy Gamesジャック・ダーフィーカメオ出演
2021バッドマン:ロングハロウィン・パート1Batman: The Long Halloween, Part Oneブルース・ウェイン / バットマンオリジナルビデオ:声優として

テレビシリーズ

放映年邦題原題役名備考
1996 ウィッシュボーンWishbone マイケル・ダス 1エピソードEpisode: "Viva Wishbone!"
1997 スィート・ヴァレー・ハイSweet Valley High ブラッド 1エピソードEpisode: "All Along in the Water Tower"
ミスターローズMr. Rhodes マルコム 7エピソード
1997 シビルCybill デヴィット 1エピソードEpisode: "The Wedding"
1999-2000 デイズ・オブ・アワ・ライブスDays of Our Lives エリック・ブレイディ レギュラー出演16エピソード
2001 偽りのブロンド ~マリリン・モンローBlonde エディG ミニシリーズ
2001-2002 ダークエンジェルDark Angel ベン(Ben、X5-493)アレック 22エピソード
2002-2003 ドーソンズ・クリークDawson's Creek C.J. 12エピソード
2003 スティルライフStill Life マックス・モーガン 6エピソード
2004-2005 ヤング・スーパーマンSmallville ジェイソン・ティーグ 22エピソード
2005-2020スーパーナチュラルSupernatural ディーン・ウィンチェスター 主演
2011Supernatural: The Anime SeriesDean WinchesterVoice role; 2 episodes
2017Kings of ConJustin AnglesEpisode: "Arlington, VA"
2021ザ・ボーイズThe Boysソルジャー・ボーイ撮影中(Season 3)

舞台

タイトル備考
2007ア・フュー・グッドメンA Few Good Menダニエル・キャフィー中尉(Lt.Daniel Kaffee)役

テレビゲーム

タイトル備考
2010トロン:エボリューション[[:en:Tron:_Evolution>Tron: Evolution]]ギブソンGibson
2011ザ・サード バースデイThe 3rd Birthdayカイル・マディガンKyle Madigan

監督作品

タイトル備考
2010–2015, 2019スーパーナチュラルSupernatural6エピソード

演出作品

タイトル備考
2004The Plight of Clownanaショートフィルム。エグゼクティブ・プロデューサー

受賞とノミネート

対象作品 部門 結果 備考
1998 デイズ・オブ・アワ・ライブスDays of Our Lives ソープオペラダイジェストアワードSoap Opera Digest Awards最優秀新人男優賞Best Male Newcomer
デイタイム・エミー賞Daytime Emmy Awardドラマシリーズ優秀若手男優賞Outstanding Younger Actor in a Drama Series
1999 デイズ・オブ・アワ・ライブスDays of Our Livesデイタイム・エミー賞Daytime Emmy Awardドラマシリーズ優秀若手男優賞Outstanding Younger Actor in a Drama Series
オンライン映画&テレビジョン協会賞Online Film & Television Association助演男優賞(デイタイムシリーズ)Best Supporting Actor in a Daytime Serial
2000デイズ・オブ・アワ・ライブスDays of Our Livesデイタイム・エミー賞Daytime Emmy Awardドラマシリーズ優秀若手男優賞Outstanding Younger Actor in a Drama Series
オンライン映画&テレビジョン協会賞Online Film & Television Association助演男優賞(デイタイムシリーズ)Best Supporting Actor in a Daytime Serial
2006 スーパーナチュラルSupernaturalティーン・チョイス・アワードTeen Choice AwardsTV – ブレイクアウト賞TV – Choice Breakout Star
コンステレーション・アワードConstellation Awards2006年SFドラマ最優秀演技男優賞(邦題:別れ)Best Male Performance in a 2006 Science Fiction Television Episode(for "In My Time of Dying")
2007スーパーナチュラルSupernaturalSFX Awards最優秀テレビ男優賞Best TV Actor
2008 スーパーナチュラルSupernaturalコンステレーション・アワードConstellation Awards2007年SFドラマ最優秀演技男優賞(邦題:もうひとつの世界)Best Male Performance in a 2007 Science Fiction Television Episode(for "What Is and what Should Never Be")
Ewwy Awards主演男優賞ドラマ部門Best Actor in a Drama Series
2009スーパーナチュラルSupernaturalコンステレーション・アワードConstellation Awards2008年SFドラマ最優秀演技男優賞(邦題:すべての始まり)Best Male Performance in a 2008 Science Fiction Television Episode(for "In the Beginning")
2010 スーパーナチュラルSupernaturalEwwy Awards主演男優賞ドラマ部門Best Actor in a Drama Series
コンステレーション・アワードConstellation Awards2009年SFドラマ最優秀演技男優賞(邦題:5年後の世界)Best Male Performance in a 2009 Science Fiction Television Episode(for "The End")
2011スーパーナチュラルSupernaturalTV Guide Award主演男優賞Favourite Actor
2012スーパーナチュラルSupernaturalティーン・チョイス・アワードTeen Choice Awardsテレビドラマ男優賞:ファンタジー/SF部門Choice TV Actor: Fantasy/Sci-Fi
2013 スーパーナチュラルSupernaturalコンステレーション・アワードConstellation Awards2012年SFドラマ最優秀演技男優賞(邦題:煉獄からの脱出)Best Male Performance in a 2012 Science Fiction Television Episode(for "We Need To Talk About Kevin")
ピープルズ・チョイス・アワードPeople's Choice Awardsテレビドラマ男優賞Favorite Dramatic TV Actor
ティーン・チョイス・アワードTeen Choice Awardsテレビドラマ男優賞:ファンタジー/SF部門Choice TV Actor: Fantasy/Sci-Fi
SFX Awards最もセクシーな男Sexiest Man
最優秀テレビ男優賞Best TV Actor
2014スーパーナチュラルSupernaturalピープルズ・チョイス・アワードPeople's Choice AwardsSF/ファンタジー番組の主演男優賞Favorite Sci-Fi/Fantasy TV Actor
ブロマンス賞(テレビ部門)(共有受賞:ジャレッド・パダレッキミーシャ・コリンズFavorite TV Bromance(shared with Jared Padalecki and Misha Collins)
ロシア国民映画賞Russian National Movie Awards最優秀外国人デュオ・オブ・ザ・イヤー共有受賞:ジャレッド・パダレッキBest Foreign Duo of the YearShared with:Jared Padalecki
TV Guide Awardテレビデュオ賞共有受賞:ジャレッド・パダレッキFavorite TV DuoShared with:Jared Padalecki
2015スーパーナチュラルSupernaturalピープルズ・チョイス・アワードPeople's Choice Awardsテレビデュオ賞共有受賞:ジャレッド・パダレッキFavorite TV DuoShared with:Jared Padalecki
TVドラマ男優賞Favorite Dramatic TV Actor
ティーン・チョイス・アワードTeen Choice Awards相性(相棒)賞(テレビ部門):ジェンセン・アクレス&ミーシャ・コリンズChoice TV Chemistry: Jensen Ackles & Misha Collins
2016スーパーナチュラルSupernaturalピープルズ・チョイス・アワードPeople's Choice Awardsテレビ男優賞:SF/ファンタジーFavorite Sci-fi/Fantasy TV Actor
2017スーパーナチュラルSupernaturalピープルズ・チョイス・アワードPeople's Choice Awardsテレビ男優賞:SF/ファンタジーFavorite Sci-fi/Fantasy TV Actor
ティーン・チョイス・アワードTeen Choice Awardsテレビ男優賞:SF/ファンタジーFavorite Sci-fi/Fantasy TV Actor
2021スーパーナチュラルSupernatural批評家協会賞Critics Choice Super Awardsホラーシリーズ最優秀男優賞Best Actor in a Horror Series 

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/06/08 08:33 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ジェンセン・アクレス」の人物情報へ