島田一男 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 島田一男 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

島田一男のウィキペディア

島田 一男(しまだ かずお、1907年5月15日 - 1996年6月16日)は日本の小説家、脚本家。

人物

京都府京都市出身。明治大学中退。1931年に「満洲日報」に入社し新聞記者となり、敗戦までの約15年間をほぼ従軍記者として過ごす。終戦後は同社の社員たちと「大陸情報通信社」を設立、在満邦人の引揚げ運動に尽力する傍ら執筆活動を続けた。

1946年に短編「殺人演出」が雑誌「宝石」の第1回短編懸賞に入選し、翌年掲載される。

デビュー当初は『古墳殺人事件』や『錦絵殺人事件』のような衒学的な本格推理を得意としていたが、1949年からは自身の経験を生かした新聞記者ものの推理小説を書き始め、1951年に短編「社会部記者」(別題「午前零時の出獄」)「遊軍記者」、「新聞記者」、「風船魔」で第4回探偵作家クラブ賞を受賞する。

1958年から約8年間、NHKのTVドラマ「事件記者」の脚本を担当する。

1971年に松本清張の後を受けて、日本推理作家協会理事長に就任した。 推理小説を中心に非常に多くの小説を執筆した。推理小説以外にも時代小説、怪奇小説の作品がある。

推理小説

「少年タイムス」編集長シリーズ

  • 『古墳殺人事件』 1948年 扶桑社 - 社会派の島田も、デビュー当初は「本格推理」色が強い。
  • 『錦絵殺人事件』 1949年 扶桑社 - 本格推理の第二弾。

部長刑事シリーズ

  • 『銀座殺人事件』 1962年(短編集) 春陽堂書店
  • 『死者の紋章』 1978年 ポピュラー・ブックス
  • 『紅の走査線』 1979年 東京文芸社 1979年、光風社文庫 1996年
  • 『信号は赤だ』 1981年(短編集) 春陽堂書店
  • 『捜査日誌』 1981年(短編集) 青樹社 - 庄司部長刑事がまだ所轄に勤務していた若き日の事件。

事件記者シリーズ

  • 『社会部記者』1951年(短編集) - 「事件もの」最初期の作品集。
    • 「社会部記者(午前零時の出獄)」1951年 - 事件もの第一短編。「事件記者シリーズ」ならびに島田の社会派ミステリの原点。
  • 『事件記者』 春陽堂書店 1962年、 徳間文庫 1986年NHKでドラマ化。島田もドラマ脚本に参画した。
  • 『女事件記者』 春陽文庫 1962年
  • 『朝刊記者』 春陽文庫 1982年
  • 『警察記者』 春陽文庫 1982年
  • 『湖底の囚人』 徳間文庫 1986年
  • 『妖精の指』 徳間文庫 1986年

公安の加下千里シリーズ

  • 『拳銃を磨く男』 徳間文庫 1981年日本テレビ系で。『プロファイター』としてドラマ化。 - 公安調査官・加下千里の第一長編。仮名・加下がニセ札偽造団に潜入し、次々に密輸ルートをあばいていく。
  • 『夜を生きる男』 1981年
  • 『白い十三階段』 桃源社 1981年 - 「白い十三階段」は、麻薬組織の第一段階・ケシなどの密栽培から、末端の売人に麻薬が渡るまでの複雑な流通ルートを指す。
  • 『青い手の女』(中編集)

調査官シリーズ

  • 『広域調査官』 - シリーズだが、登場人物の所属する部署が、特殊かつ毎作かわる調査官ものの第一弾。
  • 『国際調査官』
  • 『科学調査官』
  • 『継続調査官』
  • 『女調査官』

鉄道公安官シリーズ

東京中央鉄道公安室の捜査班長・海堂次郎を主人公としたシリーズ。

  • 『鉄道公安官』

鉄道警察隊シリーズ

警視庁鉄道警察隊の清村公三巡査部長を主人公とした全3作のシリーズテレビ東京系で『鉄道警察官・清村公三郎』としてドラマ化。。

  • 『走る捜査線』
  • 『新宿発殺人特急』

首都高速パトロールもの

  • 『東京ハイウェー』タイトルは春陽堂書店のもの。「ハイウェイ」の場合あり。 春陽文庫 1981年

秘密国際刑事警察機構(ICPO)もの

  • 『0時間の男』(中編集) 講談社 1955年 - 一般人に成りすまして暮らしているICPOの刈谷が、極秘任務を受け活躍する連作。
    • 「人狩り特急」
    • 「深海魚作戦」
    • 「金髪特攻隊」

南郷弁護士シリーズ

  • 『上を見るな』 講談社「書き下ろし長編探偵小説全集 第5巻」として刊行 1955年
  • 『その灯を消すな』  初出1957年 「宝石」、初刊行 1957年 桃源社
  • 『事件弁護士』  初出1957年「宝石」、初刊行『屍蝋の市場』 1957年 光文社
  • 『冥土の顔役』  初出1957年「面白倶楽部」、初刊行1958年 光文社
  • 『悪魔の系図』  初出1958年「面白倶楽部」、初刊行1958年 光文社
  • 『去来氏曰く』  1960年 桃源社「書き下ろし推理小説全集 第8巻」として刊行、1968年に『夜の指揮者』に改題
  • 『黒い花束』  初出1959年「美しい十代」、初刊行1961年 光風社
  • 『ふざけるな』  1970年 東京文藝社

赤い影の女シリーズ

  • 『赤い影の女』 春陽文庫 1962年 - 赤いビニールのレインコートの美女が絡むファッション業界の殺人事件。
  • 『赤い影の男』(中・短編集) 徳間文庫 1962年
  • 『青衣の魔女』(中編集) 春陽堂書店 1976年
  • 『冥土の顔役』 春陽文庫 1977年、光文社文庫 1988年 - 雨の中、赤いレインコートの女が行方不明になる。ゴム関連事件との繋がりを主人公は懸命に追う。
  • 「梅雨夫人」 1977年

ふるさとミステリーシリーズ

  • 『有耶無耶岬殺人事件』 光文社  1984年 - 出羽の三崎関所に三本足のカラスが住んでいて、近くに手長足長がいるときは「ウヤ」と鳴き、いないときは「ムヤ」と鳴いたという伝説に因むふるさとミステリ第一弾。
  • 『卑弥呼塚殺人事件』 光文社  1985年
  • 『流しびな殺人事件』 光文社  1985年 - 山陰地方に伝わる流しびなに因む殺人事件。
  • 『熱海伊豆山殺人事件』 光文社  1987年
  • 『金色夜叉殺人事件』 光文社  1994年
  • 『「好色一代男」殺人事件』 光文社  1999年

ノンシリーズ

  • 「山荘の絞刑吏」 1962年 - パット・マガーの『探偵を探せ』を連想させる倒叙ものと思わせて、ミスディレクションを仕掛けた異色中編。
  • 『夜の火花』 桃源社  1977年
  • 『人喰いの夜』 文華新書 1978年 - 大都会の裏側で乱舞する若者達を描く。
  • 『赤い密室』 広済堂文庫  1991年 - TVドラマの撮影中、作り物のはずのダイナマイトが爆発、主演女優の重傷事件を捜査する刑事もの。
  • 『炎の地図』 - バー放火事件を追う警視庁刑事と保険調査員。

(このほか、警察医もの、監察医もの等、社会派作品が多数。)

時代・怪奇小説

菊太郎事件控

  • 『菊太郎事件控』 春陽文庫 1983年
  • 『お腹拝見』
  • 『お添い寝比べ』
  • 『夢屋敷の女』

江戸の旋風シリーズ

  • 『同心部屋御用帳』『江戸の旋風』(えどのかぜ)としてフジテレビ系列でドラマ化。 徳間文庫 2007年
  • 『紅の小指』 春陽文庫
  • 『位牌間男』
  • 『恋道丁半』

姫シリーズ

  • 『影姫参上』 コスミック・時代文庫 2011年
  • 『風姫八天狗』 春陽文庫
  • 『山姫道中記』 春陽文庫
  • 『月姫血笑記』 春陽文庫
  • 『月姫八賢伝』 徳間文庫 - 「水金火木土天地人」の鏡を持つ八人の女たちが、運命に導かれ出会い仲間を増やしていく。

お耳役檜十三郎

  • 『お耳役檜十三郎捕物帖』 光文社時代小説文庫
  • 『お耳役秘帳』 春陽文庫

街道シリーズ

  • 『竜巻街道』 春陽文庫
  • 『黒雲街道』 春陽文庫

その他

  • 『天明むざん絵図』 春陽文庫
  • 『闇の顔役』 春陽文庫
  • 『競艶八剣伝』 春陽文庫
  • 『十手を磨く男』 春陽文庫
  • 『開化探偵帳』 春陽文庫
  • 『東国竜虎伝』 春陽文庫
  • 『刃影青葉城』 春陽文庫
  • 『江戸巌窟王』 春陽文庫
  • 『素浪人無惨帖』 春陽文庫
  • 『江戸上方 同心双六』 春陽文庫

ジュブナイル(少年・少女向け)作品

  • 「なぞの暗号」 1948年 小学館 (『小学五年生』1948/7月号掲載ほか)
  • 『黄金孔雀』 (『少女』掲載ほか) 「カラサワ・コレクション 4. 島田一男『黄金孔雀』」 2004年

関連項目

  • 事件記者
  • プロファイター
  • 江戸の旋風
  • 鉄道警察官・清村公三郎

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2017/10/22 22:16 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 島田一男
  • 島田一男の作品
  • 島田一男の受賞歴
  • 島田一男の写真・画像
  • 島田一男の動画
  • 島田一男の関連記事
  • 島田一男のDVD
  • 島田一男のWikipedia
  • 島田一男の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi