ザ・ザ・ガボール : ウィキペディア(Wikipedia)

ザ・ザ・ガボール ( 、ハンガリーではガーボル・ジャジャ ( )、出生名:ガーボル・シャーリ ( ))、1917年2月6日 - 2016年12月18日)は、ハンガリー出身のアメリカ合衆国の女優、ソーシャライト。「ザ・ザ・ガボール」は日本における慣用転写で、原語の英語の発音はジャ・ジャ・ガボーアに近い 、2011年8月14日閲覧。。Zsa Zsa Gaborは渡米後に改名した英語名で、ハンガリー語の本名はガーボル・シャーリ (Gábor Sári)ハンガリー語の名は日本語の名と同じように姓→名の順。。姉妹は女優のエヴァ・ガボール、。

ガボールはウィーンの舞台でその経歴を始め、1936年にに選ばれたHischak, Thomas S. The Oxford Companion to the American Musical: Theatre, Film, and Television, New York: Oxford University Press, 2008, p.271。1941年にハンガリーからアメリカに移住。「ヨーロッパの風格と様式」を持つ女優として人気になった。彼女は「魅力と優美さを発散する」という個性を持っているとみなされたBarris, George. Barris Cars of the Stars, MBI Publishing (2008), p. 71。彼女の最初の出演映画は「Lovely to Look At」だった。その後、「」、ジョン・ヒューストン監督映画「赤い風車」など数々の映画に出演。ヒューストンは後に彼女を「称賛に値する」女優と表現したHuston, John. John Huton: Interviews, Univ. Press of Mississippi (2001), p. 11。

彼女は演技の経歴の外で、贅沢なハリウッドでの生活様式、華やかな人格、そして多くの結婚歴で知られた。ガボールは計9回結婚しており、その中にはヒルトンホテル創設者のコンラッド・ヒルトンや俳優ジョージ・サンダースが含まれる。彼女はかつてこう語った。「男性は常に私が好きで、そして、私は常に男性が好きだった。しかし、私は男っぽい男性、女性と話す方法と扱い方を知っている人が好きだ-筋肉を持った男性だけでなくて」"Love Hints from Zsa Zsa", Life Magazine, October 15, 1951 (cover story).。

人物

妹のエヴァ・ガボールと共にハリウッドに渡り、テレビ番組や映画に出るようになるが、女優としてよりもその豪華なライフスタイルなど、社交界の方で有名である。妹のエヴァ、姉のマグダも女優で「ガボール三姉妹」として有名だった。姉と妹にもやはり多くの結婚・離婚歴がある。母のジュリーはいわゆるステージママとして有名。娘のフランチェスカ(1947~2015)は母ジュリーの唯一の孫である。

1989年に期限切れのナンバープレートをつけて自動車を運転しているところを警察官に見つかり止められるとその警察官を張り倒したため、3日間の禁固刑を受けた。

健康

ザ・ザは2002年に起こした交通事故が原因で体の一部が麻痺、数週間の入院を余儀なくされた。2005年には脳梗塞を発症、開頭手術により血栓を除去する大事に至ったが数週間後無事退院した。しかし、以後は健康状態が悪化の一途をたどる。

2007年には前回の手術に関連した手術を受けたが、術後に感染症を起こし再手術を受けている。

2010年7月にはベッドから転倒して股関節部損傷の手術を受けたが、退院後に血栓症状を発症して再入院、翌月無事退院している、2011年8月14日閲覧。。

2011年1月には血栓に起因する壊疽の症状が右脚に出たため再入院、一時は危篤が伝えられる状態となったものの、右脚切断手術を受けて危機を乗り切った、2011年8月14日閲覧。。

5月には肺炎を起こして入院、治療後退院したが、その翌日には栄養チューブ挿入部の感染症に起因する胃の大出血で再び病院に緊急搬送され手術を受けた。術後一時は昏睡状態・無反応状態の重体にまで陥ったが、2011年8月14日閲覧。、6日後意識を回復している、2011年8月14日閲覧。。

2016年12月18日、心臓発作のため自宅で死去。99歳没。

私生活

ガボールは9回結婚した。7回離婚し、1回の結婚は無効になった。彼女の自伝で「何よりも私は結婚するのが大好きだ。」と書いている。「私は仲間を愛し、私は男(チキンスープとハンガリーの私の特別なドラキュラ風グヤーシュのような単純なもの)のために料理することを愛し、すべての時間を男性と過ごすのが好き。もちろん、私は恋をするのが好きだが、しかし、本当に私を満たすのは結婚である。しかし、全ての場合がそうではない」"'I love being in love': Zsa Zsa Gabor on life, fame and marriage", Fox News, December 18, 2016。彼女の夫は、年代順に次の通りである。

  1. (1937–41年、離婚)トルコの政治家Marriage entry, 17 May 1935 Budapest 11th district, 172/1935Gabor, Zsa Zsa; Frank, Gerold. Zsa Zsa Gabor: My Story, The World Publishing Company, 1960.
  2. コンラッド・ヒルトン(1942–47年、離婚)ヒルトンホテル創業者)Feinberg, Alexander. "Bandit Gets $600,000 Gems in Raid on Penthouse Home: Mrs. Sari Hilton, Hotel Chain Owner's Wife, Reveals Hiding Place of Jewel Box After Intruder Threatens to Shoot Baby", The New York Times, October 5, 1947.
  3. ジョージ・サンダース(1949–54年、離婚)俳優Photo of Zsa Zsa Gabor and husband George Sanders
  4. (1962–66年、離婚)銀行家"Zsa Zsa Gabor Is Married Here to Corporation Head", The New York Times, November 6, 1962."Herbert L. Hutner, Arts Adviser, Is Dead at 99", The New York Times, December 19, 2008.
  5. ジョシュア・コスデン・ジュニア(1966–67年、離婚)"Zsa Zsa Decides It's Time to Sell Beauty Formulas", The New York Times, January 29, 1969.
  6. (1975–76年、離婚)デザイナー"Jack Ryan Dies at 65; Designer of Barbie Doll", The New York Times, August 21, 1991.
  7. マイケル・オハラ(1976–82年、離婚)Gabor, Zsa Zsa (and Wendy Leigh). One Life is Not Enough (Delacorte Press, 1991), p. 311.
  8. フェリペ・デ・アルバ(1983年、婚姻無効)俳優Current Biography Yearbook (H. W. Wilson Company, 1989), p.177.
  9. (1986年 - 2016年、死別)

ガボールの離婚は彼女の夫婦(そして婚外人)の歴史について数多くの駄洒落と風刺を生み出した。彼女は言った、「私は素晴らしい家政婦ですよ。男性と別れるたびに、彼の家を自分の物にするんですから(I am a marvelous housekeeper: Every time I leave a man I keep his house.)」(家政婦=housekeeperと彼の家=House、自分の物にする=Keepをかけた駄洒落)。彼女は「あなたには何人の夫がいたのですか?」と尋ねられたとき、「私のもの以外のという意味ですか?」と返答した。ガボールは彼女の継子と肉体関係にあったと主張している。

1970年に、ガボールはにある約9千平方フィートの様式の家を購入した。そこはエルヴィス・プレスリーハワード・ヒューズが住んでいた家で"Gabor dispute heads to courtroom", BBC, June 4, 2005.、ユニークな外観のマンサード屋根を持つ"Zsa Zsa Gabor's lavish $11million Bel Air mansion where she died of a heart attack aged 99", Daily Mail, December 19, 2016.。

ガボールの唯一の子供、娘は、1947年3月10日に生まれたPhoto of Zsa Zsa Gabor and daughter Francesca。ガボールの1991年の自伝「One Lifetime Is Not」によれば、彼女の妊娠は夫のコンラッド・ヒルトンによる強姦の結果だった。彼女は姉妹の中で唯一子供を産んだ。2005年、ベル・エアー・ハウスに200万米ドルの融資を得るために彼女の署名を偽造したとして、娘を窃盗罪と詐欺罪で訴えた。しかし、は、ガボールが裁判所に出廷しなかったこと、また彼女の夫であるフレデリック・プリンツ・フォン・アンハルトによって提起された元々の訴訟に関する共同原告であるという宣誓供述書に署名しなかったと指摘した。フランチェスカ・ヒルトンは2015年に67歳で脳卒中で亡くなった。ガボールの夫は、彼女の身体的、感情的な状態への懸念から、彼女に娘の死について言わなかった。

彼女の最後の夫、フレデリック・プリンツ・フォン・アンハルトは、ドイツの旧皇族マリー・アウグステ・フォン・アンハルトが晩年に持参金目当に養子に迎えた人物である(マリー・アウグステは少なくとも10人の成人男性を養子縁組した)。プリンツ・フォン・アンハルトは、36歳の時に養子縁組したと報じられている。

主な出演映画

  • 『結婚協奏曲』 We're Not Married! (1952)
  • 『赤い風車』 Moulin Rouge (1952)
  • 『底抜け最大のショウ』 3 Ring Circus (1954)
  • 『黒い罠』 Touch of Evil (1958)
  • 『プレイボーイ』 Boys' Night Out (1962)
  • 『名犬ウォン・トン・トン』 Won Ton Ton, the Dog Who Saved Hollywood (1976)

補注・出典

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/03/14 10:30 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ザ・ザ・ガボール」の人物情報へ