ウーダ・ベニャミナ : ウィキペディア(Wikipedia)

ウーダ・ベニャミナHouda Benyamina, 1980年 - )は、フランスの映画監督・脚本家である。2016年の映画『』により第69回カンヌ国際映画祭カメラ・ドールとを獲得した。

生い立ちとキャリア

ヴィリー=シャティヨンで生まれる。妹は女優のである。

2011年に短編映画『Sur la route du paradis』を監督する。2016年に長編デビュー作『』が第69回カンヌ国際映画祭で上映され、カメラ・ドールを獲得する。さらにでは新人作品賞を獲得した他、監督賞と脚本賞にもノミネートされる。

フィルモグラフィ

短編映画

  • Ma poubelle géante (2009) ビデオ、監督・原案
  • Sur la route du paradis (2011) 監督・脚本

長編映画

  • ディヴァイン Divines (2016) 監督・脚本

参考文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/08/02 01:15 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ウーダ・ベニャミナ」の人物情報へ