ニック・ゴードン : ウィキペディア(Wikipedia)

ニコラス・チャド・ゴードンNicholas Chad Gordon, 1995年10月24日 - )は、 アメリカ合衆国・フロリダ州オーランド出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。MLB・ミネソタ・ツインズ所属。父は「フラッシュ」の愛称で知られた元メジャーリーガーのトム・ゴードンで、兄も同じくメジャーリーガーのディー・ゴードン。

経歴

のMLBドラフト1巡目(全体5位)でミネソタ・ツインズから指名され、プロ入り。契約後、傘下のアパラチアンリーグのルーキー級でプロデビュー。57試合に出場して打率.294、1本塁打、28打点、11盗塁を記録した。

はA級シーダーラピッズ・カーネルズでプレーし、125試合に出場して打率.277、1本塁打、58打点、25盗塁を記録した。

はA+級フォートマイヤーズ・ミラクルでプレーし、116試合に出場して打率.291、3本塁打、52打点、19盗塁を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、に所属した。

にMLB.comが発表したランキングでは8位、ツインズの組織内では1位にランクインした。シーズンではAA級チャタヌーガ・ルックアウツでプレーし、122試合に出場して打率.270、9本塁打、66打点、13盗塁を記録した。6月28日には同年のオールスター・フューチャーズゲームのアメリカ合衆国選抜に選出された。

2月6日、メジャーのスプリングトレーニングに招待選手として参加することが決まった。シーズンではAA級チャタヌーガとAAA級ロチェスター・レッドウイングスでプレーし、2球団合計で141試合に出場して打率.248、7本塁打、49打点、20盗塁を記録した。オフの11月20日にルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした。

プレースタイル

兄ディーと同様に身体は小さいが、運動能力抜群で、特に強肩と打撃のバットコントロールが光る。守備はポカが多く、評価が割れている「2017 - 2021 全30球団未来予想図 ミネソタ・ツインズ」『月刊スラッガー』2017年3月号 日本スポーツ企画出版社 44頁「2017プロスペクト・ランキングTOP100」『月刊スラッガー』2017年5月号 日本スポーツ企画出版社 36頁。

詳細情報

記録

MiLB
  • オールスター・フューチャーズゲーム選出:1回(2017年)

関連項目

  • 兄弟スポーツ選手一覧

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/08/02 20:16 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ニック・ゴードン」の人物情報へ