阿部広太郎 : ウィキペディア(Wikipedia)

阿部 広太郎(あべこうたろう、1986年3月7日 - )は、日本のコピーライター。

人物

埼玉県三郷市出身。江戸川学園取手高等学校卒業。2004年慶應義塾大学経済学部入学。中学3年生からアメリカンフットボールを始め、高校・大学と計8年間アメリカンフットボール部に所属阿部広太郎『待っていても、はじまらない。潔く前に進め』株式会社弘文堂、2016年、207ページ、ISBN 978-4-335-55181-9。大学卒業後の2008年電通入社。人事局に配属されるも、クリエーティブ試験に合格し、入社2年目からクリエーティブ部門へ移動。コピーライターとして活動を開始電通報

代表作のひとつに、東進ハイスクール林修の「いつやるか?今でしょ!」。2013年の流行語大賞となる東進タイムズ2010年11月1日号憧れの職業を追え!「今でしょ!」生みの親を紹介します:(1) 阿部広太郎さん

映画監督の松居大悟とは大学時代のクラスメイトで、現在でも親交が深い。映画「自分の事ばかりで情けなくなるよ」の「心をなぐる106分。」、映画「ワンダフルワールドエンド」の「さよなら、男ども。」、映画「私たちのハァハァ」の「走れば届く気がした。」など、同監督作品の宣伝コピーを多数手掛ける待っていても、はじまらない〜時代を熱くする働き方〜 映画監督 松居大悟さん 第1回「はじまりは、一通のメールから」。また、クリープハイプの宣伝担当として、様々な企画を展開しているAdGangコピーライター+アーティストがタッグを組み生まれるものとは:「クリープハイプ」の場合。歌人の木下龍也はコピーライター養成講座の同窓生道尾秀介×木下龍也 ふたりが教えてくれた「書く」ということ。宣伝会議コピーライター養成講座「先輩コース」の講師をはじめ、学研よみものウェブ「ほんちゅ!」で「待っていても、はじまらない」〜時代を熱くする働き方〜の連載など、活動は多岐に渡る。

受賞歴

  • 宣伝会議賞協賛企業賞
  • TCC新人賞受賞
  • NAVERまとめ編集コンペ奨励賞
  • ツイッター小説大賞 審査員特別賞

主な活動

  • 東進ハイスクールCM「いつやるか?今でしょ!」
  • 東京コピーライターズクラブ会員
  • 30オトコを応援するプロジェクトチーム「THINK30
  • コロワイド「太郎割」キャンペーン
  • ミスiDオーディション「すべての女の子はアイドルである。」
  • 映画『自分の事ばかりで情けなくなるよ』コピー「心をなぐる106分。」
  • 映画『ワンダフルワールドエンド』コピー「さよなら、男ども。」
  • 映画『私たちのハァハァ』コピー「走れば届く気がした。」
  • 映画『忘れないと誓ったぼくがいた』コピー「出会うたびに、好きになってくれてありがとう。」
  • フジテレビサッカー日本代表応援コピー「声を枯らす準備はいいか。
  • 宣伝会議コピーライター養成講座「先輩コース」講師
  • 学研よみものウェブ「ほんちゅ!」で「待っていても、はじまらない」〜時代を熱くする働き方〜
  • 横浜・みなとみらいBUKATSUDO「企画でメシを食っていく」モデレーター
  • 森永クリープ×クリープハイプ「愛のプロジェクト

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/09/15 15:15 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「阿部広太郎」の人物情報へ