デビッド・ロバートソン : ウィキペディア(Wikipedia)

デビッド・アラン・ロバートソンDavid Alan Robertson, 1985年4月9日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州バーミングハム出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのフィラデルフィア・フィリーズ所属。愛称はディーロブD-RobYanks Players Weekend nicknames explained MLB.com (2017年8月24日) 2017年8月27日閲覧。

兄のもメジャーリーグでプレー経験がある。

経歴

プロ入りとヤンキース時代

のMLBドラフト17巡目(全体524位)でニューヨーク・ヤンキースから指名を受け、8月21日に契約。

は、マイナーの3チーム合計で84.1イニングを投げ、8勝3敗4セーブ、防御率0.96。114三振に対し45安打しか許さなかった。

は、マイナーの2チームで投げ、合計53.2イニングで4勝0敗3セーブ・防御率1.68。ここでも77三振に対し28安打しか許さなかった。6月28日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースからメジャー昇格を果たしたが、防御率は6.31と結果を残せず、8月28日に再びAAA級スクラントン・ウィルクスバリに降格。9月13日に再びメジャーに昇格した。

は、開幕をAAA級スクラントン・ウィルクスバリで迎えたが、ゼイビア・ネイディの15日間の故障者リスト入りに伴い、4月16日にメジャーに昇格。翌日、フアン・ミランダのロースター枠を空けるために再びAAA級スクラントン・ウィルクスバリに降格し、5月29日に再びメジャーに昇格した。最終的な成績は43.2イニングで奪三振63(奪三振率12.97)という数字を記録し、飛躍を遂げた。

は、前年を上回る64試合に登板した。防御率はやや悪化したが、61.1イニングで71奪三振を奪った。奪三振率は10.42という数値を記録し、メジャーデビューから3年連続で10.00以上の奪三振率を記録し続けた。

は、マリアノ・リベラに繋ぐセットアッパーとして防御率1.08、奪三振率13.50という驚異的な成績を記録。サイ・ヤング賞とアメリカンリーグMVPの投票でも救援投手として唯一得票を得た。

は、シーズン当初にリベラが故障したため一時期抑えを務めたが、左脇腹痛で故障者リスト入り。抑えの座はラファエル・ソリアーノに譲ったが、復帰後は右のセットアッパーとして、安定した成績を残した。特に12.02という奪三振率に加え、与四球が大幅に減少したため、K/BB(奪三振/与四球)では4.38とキャリア最高の数字を残した。

1月17日にヤンキースと521万5000ドルの1年契約に合意した。スプリングトレーニングでは7試合に登板し、6回を投げ無失点と好投。開幕ロースター入りし、リベラの引退で空いた抑えの座を勝ち取った。開幕後は3試合に登板し、2セーブを挙げたが、4月7日に左足の付け根を痛め、15日間の故障者リスト入りした。4月22日に故障者リストから外れた。本拠地最終戦となった9月25日のボルチモア・オリオールズ戦では、5対2とリードした局面で黒田博樹の後を受けて9回表のマウンドに登った。しかし、1死1塁からアダム・ジョーンズから2点本塁打を浴びると、続くネルソン・クルーズは打ち取り2死とするものの、その次のスティーブ・ピアースに再び本塁打を浴び、追いつかれる。シーズン5度目のセーブ失敗となったが、続く9回裏にこのシーズン限りで引退を表明しているデレク・ジーターの現役最後のサヨナラタイムリーヒットが飛び出し、ロバートソンは勝利投手となった。結果として最高の幕切れを導いたセーブ失敗について、地元紙ニューヨーク・ポストの記事では「史上最高のブラウンセーブ」という見出しで書かれ、ESPNでは「良いブラウンセーブというものがあるなら、これがそれだった」と評された。この年は最終的にリーグ3位の39セーブをあげ、セーブ成功率は10セーブ以上あげた投手の中ではリーグ4位の88.6%を記録。防御率こそ3.08と前年より大幅に悪化したものの、被打率.191、WHIP1.06、奪三振率13.43はすべてキャリア2番目の記録であり、クローザー転向初年度としては充分な働きを見せた。オフの10月30日にFAとなった。

ホワイトソックス時代

2014年12月10日にシカゴ・ホワイトソックスと総額4600万ドルの4年契約を結んだ。12月16日に同時期に入団したジェフ・サマージャ、メルキー・カブレラと共に入団会見を行った。背番号は、「30」に決まった。

は抑えとして60試合に投げ、リーグ6位タイとなる34セーブを挙げたが、防御率は3.41まで悪化した。

も抑えとして起用され、前年を上回る62試合登板、リーグ4位タイとなる37セーブを挙げた。しかし、防御率こそ前年とほぼ同じであったが、BB/9が1.85から4.62、WHIPが0.97から1.36と投球内容が悪化した。

開幕前の2月9日に第4回WBCのアメリカ合衆国代表に選出されたUSA Baseball Announces 2017 World Baseball Classic Roster USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (2017年2月9日) 2017年3月16日閲覧。本戦では計4試合に登板し3.2イニングを1失点。3月22日の決勝プエルトリコ戦では最後の1イニングを投げ、初優勝の胴上げ投手となった。シーズンでは7月までに31試合に登板し、4勝2敗13セーブ、防御率2.70と好調を維持していた。

ヤンキース復帰

2017年7月19日にタイラー・クリッパード、、、ティト・ポロとのトレードで、トッド・フレイジャー、トミー・ケインリーと共にヤンキースへ移籍した。移籍後は主にセットアッパーとして30試合に投げ、5勝負けなし、防御率1.03、WHIP0.74とさらに圧倒的な投球を見せた。両チーム合計では61試合登板で自身最多である9勝を記録、防御率1.84、WHIP0.85と投球内容も前年から改善された。

は前年から引き続きセットアッパーとして起用され、チームトップの69試合に登板して8勝3敗5セーブ、防御率3.23、91奪三振を記録した。オフの10月29日にFAとなった。

フィリーズ時代

1月3日にフィラデルフィア・フィリーズと2年契約を結んだフィリーズ加入ロバートソン「勝つ力になりたい」日刊スポーツ 2018年1月4日掲載。

投球スタイル

オーバースローから、最速球速96.3mph(155km/h)2011年シーズン計測。・平均92mph(148km/h)のカッターを中心に、決め球である平均82mph(132km/h)のナックルカーブ、その他に平均93mph(150km/h)のフォーシーム、平均89mph(143km/h)のチェンジアップなども使用する(2016年シーズンによる)PITCHf/x - FanGraphs.com

詳細情報

年度別投手成績

NYY25000040001.00013130.12931520366018185.341.45
4500002115.66719143.23642311636019163.301.35
64000045114.44427361.15953363717226263.821.50
700000401341.00027266.2401356110061981.081.13
65000027230.22224860.25251901811119182.671.17
70000051333.83326266.15151812771015152.041.04
63000045390.44425964.14572321960023223.081.06
CWS60000065340.54525063.14671321864027243.410.93
62000053370.62526762.15363241751024243.471.36
31000042130.66713233.12141132473010102.700.96
NYY30000050181.00013235.014212215140441.030.74
'17計61000092148.81826468.13562353987014141.840.85
69000083521.72728369.24672610911030253.231.03
MLB:11年65400005332137145.6242700657.04925626030148744042242102.881.15
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録

  • MLBオールスターゲーム選出:1回(2011年)

背番号

  • 30(2008年 - )

代表歴

  • 2017 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

関連項目

  • メジャーリーグベースボールの選手一覧 R
  • 兄弟スポーツ選手一覧

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/08/05 09:00 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「デビッド・ロバートソン」の人物情報へ