横内謙介 : ウィキペディア(Wikipedia)

横内 謙介(よこうち けんすけ、1961年9月22日『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.563 - )は、日本の演出家、劇作家。劇団扉座主宰。

人物

東京都生まれ。父親の転勤に伴い、母親の出身地である福岡県北九州市小倉で小学校5年生から中学1年生までを過ごす。

1979年、神奈川県立厚木高等学校在学時に処女作『山椒魚だぞ!』が全国高等学校演劇大会にて優秀賞と創作脚本賞を受賞。。六角精児と岡森諦は、この時演劇部員として出演しており、「扉座」(後述)の座員でもある。

高校卒業後、早稲田大学第一文学部在学中(1982年)に劇団「善人会議」を旗揚げする。劇団はその後「扉座」と改名。

横内には劇団での作・演出の他に、他のプロデュース公演への書き下ろしが多数ある。市川猿之助のスーパー歌舞伎『新三国志』三部作、V6トニセンの『青春』三部作、セゾン劇場(現ル・テアトル銀座)で三演された『陽だまりの樹』、さいたまスーパーアリーナこけら落とし作品、蜷川幸雄演出『火の鳥』など。

ここ数年は演劇の枠を越え、福岡マリンメッセで開かれた国民文化祭開会式イベント「人生号」の構成演出。愛地球博・愛知県館のアトラクション「地球タイヘン大講演会」の構成演出なども手がける。2006年7月には、フジテレビのテレビドラマ『ダンドリ。~Dance☆Drill~』の脚本も執筆した。2008年、日本劇作家協会副会長も務めた。

2008年9月、厚木市文化会館開館30周年記念として、170人近くの市民と、厚木出身の榊原郁恵小泉今日子らが出演した市民劇『リバーソング 永遠のハックルベリィ・フィンたちへ』を作・演出した。

2011年11月-12月、韓国ソウル大学路で『ハカナ』(原作名 愛しの儚)が韓国の劇団詩月により、韓国語訳で上演された。

  • 1982年 - 劇団「善人会議」旗揚げ
  • 1992年 - 『愚者には見えないラマンチャの王様の裸』で第36回岸田國士戯曲賞を受賞
  • 1993年 - 「善人会議」を「扉座」へと名称変更
  • 1999年 - 『新・三国志』で第28回大谷竹次郎賞を史上最年少で受賞
  • 2004年 - 北九州市市民文化賞受賞
  • 2010年 - 厚木市文化芸術特別大使 就任
  • 2011年 - 厚木市文化振興財団芸術監督 就任
  • 2016年 - 『スーパー歌舞伎II_ワンピース』で第44回 平成27年度 大谷竹次郎賞を受賞

作品

善人会議・扉座

  • 新羅生門
  • フォーティンブラス
  • ジプシー 千の輪の切り株の上の物語
  • まほうつかいのでし
  • 夜曲 ~放火魔ツトムの優しい夜~
  • アトムへの伝言
  • 新浄瑠璃 百鬼丸(2004年、紀伊國屋ホール 、出演:鈴木里沙・岩本達郎)
  • 工事現場ミュージカル『ドリル魂 ガ・ガ・ガ・ガ・ガ』(2007年、紀伊國屋ホール 他)
  • お伽の棺(2008年)※扉座初の海外公演として韓国へ。仁川、釜山の演劇祭に参加。
  • つか版・忠臣蔵

スーパー歌舞伎

  • 八犬伝
  • カグヤ-新竹取物語
  • 新・三国志I - III
  • 雪之丞変化
  • 龍神伝
  • 新・水滸伝 二十一世紀歌舞伎組公演
  • スーパー歌舞伎II ワンピース
  • スーパー歌舞伎II 新版オグリ

その他

  • きらら浮世伝(出演:中村勘九郎、原田大二郎
  • 女殺油地獄(出演:石田純一倍賞美津子
  • 陽だまりの樹(1992年 - 1998年、出演:中井貴一段田安則仙道敦子奥村公延坂上二郎深津絵里宮沢りえ円城寺あや
  • リボンの騎士~鷲尾高校演劇部奮闘記(1998年、出演:井ノ原快彦一色紗英鈴木蘭々
  • 魔女の宅急便(演出:蜷川幸雄
  • 洒落男達(モダンボーイズ)(出演:木村拓哉
  • 怪談・にせ皿屋敷(出演:香取慎吾
  • カルメンと呼ばれた女(演出:蜷川幸雄、出演:浅丘ルリ子
  • ザ・近松(出演:沢田研二伊藤蘭
  • 東京サンダンス(出演:20th Century)
  • NINAGAWA 火の鳥(2000年、演出:蜷川幸雄、出演:今井絵理子・MAKOTO・いかりや長介 ・鈴木里沙)
  • トンカツロック(出演:トニセン・佐藤江梨子
  • SAY YOU KIDS(出演:トニセン・井上和香
  • キャラメルボックス・チャレンジシアター『猫と針』(作:恩田陸)演出
  • ドラマティック・レビュー『うたかたのオペラ』(2009年、出演:紫吹淳
  • 調布市せんがわ劇場アンサンブル公演『新羅生門』(2010年)作・演出
  • わらび座公演 ミュージカル『アトム』(2010年)脚本・作詞・演出
  • 坊ちゃん劇場ロングラン公演『幕末ガール』(2012年)脚本・作詞・演出
  • 劇団EXILE『影武者・独眼竜』』(2012年、出演:マキダイ・片岡愛之助)
  • リボンの騎士-鷲尾高校演劇部奮闘記-(2014年・2016年) 脚本
  • HKT48指原莉乃座長公演(2015年4月8日 - 23日、明治座 / 8月15日 - 31日、博多座)作・演出News Lounge 2015年4月10日

テレビドラマ

  • ダンドリ。~Dance☆Drill~(フジテレビ、2006年)
    1. 声だけ天使(AbemaTV、2018年1月 - )

著作

  • 『曲がり角の悲劇』(新水社、1988 )
  • 『夜曲 放火魔ツトムの優しい夜』(角川書店、1988)
  • 『新羅生門 横内謙介戯曲集』(テアトロ、1991)
  • 『ジプシー 千の輪の切り株の上の物語』(テアトロ、1991)
  • 『愚者には見えないラ・マンチャの王様の裸 横内謙介戯曲集』(テアトロ、1994)
  • 『雪之丞変化2001年』(原作:三上於菟吉、モーニングデスク、1995)
  • 『陽だまりの樹 戯曲』(原作:手塚治虫、モーニングデスク、1995)
  • 『夢の海賊』(モーニングデスク、1996)
  • 『カグヤ 新竹取物語』(モーニングデスク、発売:星雲社、1996)
  • 『龍神伝』(モーニングデスク、1998)
  • 『ホテル・カリフォルニア-私戯曲 県立厚木高校物語』(カモミール、1999)
  • 『幕末ガール~ドクトル☆おイネ物語~ 』(黒沢明世との共著、秋田書店、2013)
  • 『奇想天外☆歌舞音曲劇 げんない』 (黒沢明世との共著、秋田書店、2013)
エッセイ
  • 『ヒミツの稽古場』(NHK出版、1994)
  • 『「夢みるちから」は眠らない 劇場からの風景』(春秋社、2005)
  • 『考えると夜も眠れない』(アクセスパブリッシング、2007)
対談
  • 『夢みるちから スーパー歌舞伎という未来』(市川猿之助「新・三国志」台本収録、春秋社、2002)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/02/29 07:14 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「横内謙介」の人物情報へ