宝城カイリ : ウィキペディア(Wikipedia)

宝城 カイリ(ほうじょう かいり、女性、1988年9月23日 - )は、日本のプロレスラー、女優、元ヨット選手。山口県光市出身。カイリ・セイン(Kairi Sane)のリングネームで活動中。マネージメント契約はホリプロ。

来歴

山口県立光高等学校、法政大学ではヨットの選手としてインターハイ、国体、インカレで上位に入り、ジュニア世界選手権日本代表も経験するSTARS スターダム。

大学在学中よりタレント活動も開始。数本の舞台に出演する。

卒業後、一般企業への就職が内定していたが、表現者の道を選び、本格的に女優を目指す再デビュー・脇澤美穂が奈苗と合体、3期生新人vs.ゆずポン=スターダム見どころ スポーツナビ 2011年1月7日。

2011年
8月、スターダムの練習生となる。
11月14日、プロテストを受けて、1人だけ追試となるが合格NEWS スターダム。
2012年
1月7日、3期生の2番手として愛川ゆず季戦でデビュー。前出のヨット競技の実績があることから、デビュー当初より海賊のギミックが与えられている。
その際、愛川ゆず季の呼びかけにより、愛川をリーダーとする全力女子(メンバーは愛川ゆず季、美闘陽子、鹿島沙希、宝城カイリ、夕陽、松本浩代)結成に参加。
5月に日本テレビの「ガチガセ」、フジテレビの「笑っていいとも!」に出演。
2013年
4月30日、両国国技館大会にて翔月なつみと組み、木村響子&ヘイリー・ヘイトレッド組が持つ、ゴッデス・オブ・スターダム王座に挑戦。4173でヘイリーからフォールを奪い、初タイトル獲得RYOUGOKU CINDERELLA スターダム。
翔月とともに、愛川を輩出した日テレジェニックにもエントリー。
6月2日、翔月が負傷のため防衛戦を行えないまま、ゴッデス・オブ・スターダム王座を返上。
11月11日から18日までメキシコに遠征。6日にはアレナ・ロペス・マテオス大会における「ドス・カラス引退ツアー」に出場し、ダーク・エンジェル&ベビー・スターと組んで、6人タッグに出場したNEWS スターダム 2013年12月12日閲覧。
TBS系「日立 世界ふしぎ発見!」の一般募集によるミステリーハンターオーディションに合格、12月14日放送の2時間SPに、ミステリーハンターとして出演。上記のドス・カラス引退ツアーでの6人タッグマッチの模様も放送されている。
2014年
8月10日、高橋奈苗とのタッグ「七海里」で、木村モンスター軍の保持していた、ゴッデス・オブ・スターダム王座に挑戦し王座奪取。
8月24日、新木場大会での「STARDOM 5★STAR GP」開幕戦にて高橋奈苗から勝利、金星を上げる。
2015年
2月25日、選手会長に就任。2月22日の後楽園大会で起きた、世IV虎と安川惡斗の喧嘩マッチに端を発するもので、選手間の人間関係へのケアを行っていく。
3月29日、後楽園ホール大会にて、空位となったワールド・オブ・スターダム王座の決定トーナメントに昭和軍代表で出場。初戦で木村響子、決勝で紫雷イオを破りトーナメントを制覇、同タイトル初戴冠。
2016年
4月23日 山口県光市民ホールでの宝城カイリ凱旋記念大会で、岩谷麻優との山口県タッグを組み、紫雷イオ&渡辺桃に勝利している。
11月11日 新宿FACEで行われた第6回GODDESSES OF STARDOM タッグリーグ戦で、美闘陽子とのタッグ(BY宝)での 優勝決定戦で紫雷イオの裏切りもあり、紫雷イオ岩谷麻優に勝利し、優勝している。試合後に紫雷イオに裏切られて倒れ込んだ岩谷麻優を力強く励ます場面も見られた。なお、試合後に紫雷イオ岩谷麻優とのトリオ「スリーダム」の解散も紫雷イオから宣言されている 女子プロレス総合サイトLADYS RING ONLINE「BY宝 タッグリーグ優勝でハッピーエンドのはずが…」(2017.2.16 LADYS RING Vol.10掲載)
2017年
6月30日、WWEの両国国技館大会にてWWEと契約を交わし、カイリ・セインKairi Sane)のリングネームで活動をする事を発表。
9月12日、WWEメイ・ヤング・クラシックトーナメント第1回大会にて優勝を果たした。
2018年
1月28日、WWE・ロイヤルランブルの女子ロイヤルランブルマッチで6番目に出場するも、デイナ・ブルックよりコーナーポストから落とされ脱落となった。
8月18日、にてNXT女子王座を保持するシェイナ・ベイズラーに挑戦。右脚を関節技で徹底的に攻められるも耐え、終盤にインセイン・エルボーを決めるも立ち上がったシェイナからキリフダ・クラッチを極められようとしたところ、切り返してフォールを奪い勝利。ベルトを奪取した。
10月28日、Evolutionでシェイナ・ベイズラーと再戦。敗戦して王座陥落。
2019年
1月27日、WWE・ロイヤルランブルの女子ロイヤルランブルマッチで14番目に出場するも、ルビー・ライオットによりトップロープから落とされ脱落となった。
4月15日、スマックダウンに昇格。アスカ(ASUKA)と、タッグチーム「ザ・カブキ・ウォリアーズ」を結成する。
10月6日、アスカとのタッグでアレクサ・ブリス&ニッキー・クロス組を破り、WWE女子タッグ王座を獲得。
2020年
1月26日、WWE・ロイヤルランブルの女子ロイヤルランブルマッチで11番目に出場するも、アレクサ・ブリスによりコーナーポストから落とされ脱落となった。
2月22日、日本人男性(日本在住)との入籍を正式に発表。
7月28日、自身のツイッターでWWEを離脱することを発表した。
10月2日、WWE JAPANのプロモーションサポーターに就任したことを発表した。また、同月25日に行われた、ヘル・イン・ア・セル2020の日本語実況の解説を務めた。

得意技

ダイビング・エルボー・ドロップ / インセイン・エルボー
飛ぶ直前に敬礼ポーズを入れ、飛んだ瞬間Vの字に体を曲げ、空中で身体をV字にしたまま、全体重を乗せて落下するのが特徴。現在の主なフィニッシャー。WWEではインセイン・エルボーと呼ばれる。
イカリ
変形の逆エビ固め。うつ伏せの相手の足をクロスし、ブリッジしつつ固める。
4173(ヨイナミ)
当初は 外道クラッチと同型であったが、後に、外道クラッチからのジャパニーズ・レッグロール・クラッチで固める型に変更。
スライディングD
本家である田中将斗から直々に指導を受ける。フィニッシャーとしても使われる。
マリンスパイク
コーナーに逆さ吊りの状態となり、体を起こそうとする相手の胸板に目掛けて放つダイビング・フットスタンプ。
インターセプター
スピアーと同じ技。
極楽固め
フライング・カブキ・エルボー
フライング・フォアアーム。
カミカゼ
アラバマ・スラム
燕返し
V9クラッチ
「5★STAR GP2014」開幕戦にて、この技で高橋から金星を上げた。
ジャック・スパロウ・ナイフ
スクールボーイから自身が仰向けになり、グラウンドでの肩車のような状態でブリッジし抑えこむ。
ドロップキック
ミサイルキック
低空式・ドロップキック
クロスボディーアタック

入場曲

  • Warriors(アスカとのタッグでの入場時)
  • The Next Voyage (現在のテーマ曲)
  • New Adventure
  • Last Voyage
  • 海賊王女
  • パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマ
  • READY GO(4MINUTE)「全力女子」
  • ハネウマライダー/ポルノグラフィティ(高橋奈苗とのタッグ「七海里」での入場時)

獲得タイトル

WWE
  • WWE女子タッグ王座 : 1回
w / アスカ
  • WWEメイ・ヤング・クラシック - 優勝(2017年)
  • NXT女子王座 - 1回
スターダム
  • ワンダー・オブ・スターダム王座 - 第8代
  • ワールド・オブ・スターダム王座 - 第5代
  • ゴッデス・オブ・スターダム王座 - 第4代(パートナーは翔月なつみ)、第7代(パートナーは高橋奈苗)、第10代(パートナーは美闘陽子)
  • アーティスト・オブ・スターダム王座 - 第2代(パートナーは米山香織&夕陽)、第7代(パートナーはコグマ&チェルシー)
  • GODDESSES OF STARDOM - 優勝:1回(2014年/パートナーは高橋奈苗)

出演

テレビ

  • なるほど!ハイスクール(日本テレビ)
  • 所さんの目がテン!(日本テレビ)
  • 銭形金太郎(テレビ朝日)
  • ガチガセ(日本テレビ)
  • 森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ)
  • 中居正広のミになる図書館(2014年7月29日、テレビ朝日)
  • スポーツジャングル(2016年7月26日~8月9日、フジテレビ)

舞台

  • 劇団smoker cat旗揚げ公演「未来予報図、明日は晴れ」
  • ザッパー熱風隊プロデュース「Bark in the Bar〜バーで吠えろ〜」
  • きら星の磁力〜リングは運命 レフリーは天命〜

雑誌

  • 『週刊プレイボーイ』(2017年24号、集英社)

関連項目

  • プロレスラー一覧

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/07/30 02:21 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「宝城カイリ」の人物情報へ