チャド・スタエルスキ : ウィキペディア(Wikipedia)

チャド・スタエルスキ(Chad Stahelski、1968年9月20日 - )は、アメリカ合衆国の映画監督、俳優、スタントマンである。

経歴

マサチューセッツ州出身。格闘技の指導者であるダン・イノサントに師事した。

『クロウ/飛翔伝説』において、ブランドン・リーが撮影中に事故死した際、その後の撮影でリーの代役を務めた。『マトリックス』ではキアヌ・リーブスのスタントマンを務めた。

2014年、キアヌ・リーブス主演の『ジョン・ウィック』で映画監督デビューを果たす。2017年に『』、2019年に『』を監督した。

フィルモグラフィー

長編映画

  • ジョン・ウィック John Wick (2014年) - 共同監督
  • John Wick: Chapter 2 (2017年) - 監督
  • John Wick: Chapter 3 – Parabellum (2019年) - 監督・製作総指揮

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/08/20 14:00 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「チャド・スタエルスキ」の人物情報へ