青木隆 : ウィキペディア(Wikipedia)

青木 隆(あおき たかし、1959年1月5日 - )は、岡山県出身のサッカー審判員。

経歴

1級審判登録は1994年。2010年まで日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)で副審を務めていた。

誤審問題

2002年11月10日に行われた第81回全国高等学校サッカー選手権大会岡山県予選決勝の主審を務めた。 しかし、その試合の延長に作陽高等学校の青山敏弘の放ったシュートがVゴールとなることを誤審しノーゴールと判定。試合はPK戦の末、岡山県立水島工業高等学校が優勝を果たした。同年11月14日、日本サッカー協会(JFA)の理事会でこの判定は誤審と認められたが試合結果は覆されず、再試合も行われなかった。

関連項目

  • 岡山県出身の人物一覧

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2012/12/30 12:37 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「青木隆」の人物情報へ