小林弥生 : ウィキペディア(Wikipedia)

小林 弥生(こばやし やよい、1981年9月18日 - )は、東京都多摩市出身の元女子サッカー選手。JFAこころのプロジェクトアシスタントスタッフ。

来歴

父親と兄の影響でサッカーを始め女だからってなめるな!未来のなでしこを育む負けん気のつくり方サカイク. 2015.12.16付、2018年3月30日閲覧。、小学6年生のときに読売日本SCメニーナのセレクションに合格元なでしこJAPANで、JFA「夢の教室」に参加し、全国でサッカー教室等を開く 小林 弥生さんタウンニュース. 2017.5.11付、2018年3月30日閲覧。。高校生となった1997年にベレーザへ昇格した。ちなみに荒川恵理子、中地舞、柳田美幸ら、のちに日本女子代表となる選手も一緒に昇格している。

東京都立南野高等学校卒業アテネ2004 日本代表選手団 JOC公式サイト。

ポジションはミッドフィールダーだが、FW、トップ下からボランチまでこなせるユーティリティープレイヤーである。

2002年には中国・南京のチームに3ヶ月ほどレンタル移籍。翌2003年には当時、澤穂希が在籍するアメリカ女子サッカーリーグ(WUSA)のAtlanta Beatと契約したが外国人枠の関係で保留となり、その後リーグの休止により移籍は実現しなかった。

なでしこジャパンとしてはアテネオリンピック本戦においてスウェーデン戦で澤穂希に送ったパスが話題になった。

2012年10月21日、リーグ通算200試合出場を達成したケガを乗り越え涙の200試合出場、ベレーザMF小林弥「仲間やライバル、サポーターに感謝ゲキサカ. 2012.10.21付、2018年3月30日閲覧。。

2014年12月26日、2014年シーズン限りで現役を引退すると発表された日テレ・ベレーザ小林弥生選手現役引退のお知らせ日テレ・ベレーザ公式サイト 2014年12月26日、2018年3月30日閲覧。。

人物

  • 2005年に左膝前十字靭帯損傷、2006年に右膝前十字靭帯損傷怪我の報告。小林弥生の笑顔日記。(2006.2.5付)、2018年3月31日閲覧。、2012年に左前十字靭帯及び半月板損傷と日テレ・ベレーザ小林弥生選手の手術について東京ヴェルディ公式サイト. 2012.12.27付、2018年3月31日閲覧。、3度の大怪我を負った。
  • 2005年シーズン、小林の背番号は8であったが、兄妹チームにあたる東京ヴェルディ1969の8番は同姓の小林大悟だった。また同じL・リーグで宝塚バニーズ(現・バニーズ京都SC)の背番号8番も小林恵という同姓の選手であった。しかし、翌2006年に小林大悟は大宮アルディージャに移籍したため別チームとなり(背番号は同じく8番)、小林恵は伊賀フットボールクラブくノ一に移籍にともない2番になったため、偶然性は薄くなった。
  • 日テレ・ベレーザや日本女子代表での先輩である澤穂希は、都立南野高校の同窓生でもある。小林は澤の3年後輩で、澤の同校卒業と入れ替わりで小林が入学している。

個人成績

|- |1997||読売西友ベレーザ||23||rowspan="7"|L・リーグ||9||0|||||||||||| |- |1998||読売ベレーザ||20||17||4|||||||||||| |- |1999||NTVベレーザ||14||14||7|||||||||||| |- |2000||rowspan="15"|日テレ・ベレーザ||rowspan="2"|8||11||4||colspan="2"|-|||||||| |- |2001||13||8||colspan="2"|-|||||||| |- |2002||rowspan="2"|10||6||1||colspan="2"|-|||||||| |- |2003||18||2||colspan="2"|-||4||0||22||2 |- |2004||rowspan="11"|8||rowspan="2" | L・リーグ1部 (L1)||14||2||colspan="2"|-|||||||| |- |2005||7||0||colspan="2"|-||5||1||12||1 |- |2006||rowspan="4"|なでしこ Div.1||0||0||colspan="2"|-||0||0||0||0 |- |2007||19||6||5||4||4||1||28||11 |- |2008||19||4||colspan="2"|-||4||1||23||5 |- |2009||14||2||colspan="2"|-||3||0||17||2 |- |2010||rowspan="5"|なでしこ||14||0||6||0||1||0||21||0 |- |2011||14||5||colspan="2"|-||2||0||16||5 |- |2012||14||1||6||4||0||0||20||5 |- |2013||0||0||0||0||0||0||0||0 |- |2014||20||4||colspan="2"|-||2||0||22||4 223||51|| || || || || || 223||51|| || || || || || |} ※2002年は夏場3ヶ月間を中国リーグ・ジャンスウでプレー (期限付き移籍)

獲得タイトル

クラブ

日テレ・ベレーザ
  • 日本女子サッカーリーグ:8回(2000年、2001年、2002年、2005年、2006年、2007年、2008年、2010年)
  • 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会:8回(1997年、2000年、2004年、2005年、2007年、2008年、2009年、2014年)
  • なでしこリーグカップ:3回(2007年、2010年、2012年)

個人

  • ベストイレブン 2回 (2000年、2001年)
  • 年間最多得点 1回 (2000年)

代表歴

選出歴等

  • 1999年
    • 親善試合・フランス戦(3月24日)で代表(現なでしこジャパン)デビューし、デビュー戦で決勝点となる1得点(初ゴール)を挙げる。
    • 第3回FIFA女子世界選手権出場
  • 2003年 第4回FIFA女子ワールドカップ出場
  • 2004年 アテネオリンピック出場

試合数

|- |1999||8||2 |- |2000||1||0 |- |2001||12||2 |- |2002||11||1 |- |2003||14||6 |- |2004||8||1 |- !通算||54||12 |} (2004年8月14日現在)

ゴール

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1.1999年3月24日フランス、サン=カンタン○ 1-0親善試合
2.1999年6月3日日本、東京○ 3-2キリンカップ
3.2001年8月3日韓国、蔚山△ 1-14ヶ国対抗戦
4.2001年12月14日チャイニーズタイペイ、台北○ 2-12001 AFC女子選手権
5.2002年10月11日韓国、馬山○ 2-0第14回アジア競技大会
6.2003年6月9日タイ、バンコクrowspan="2"|rowspan="2"|○ 15-02003 AFC女子選手権
7.
8.2003年6月13日rowspan="2"|rowspan="2"|○ 7-0
9.
10.2003年6月15日○ 5-0
11.2003年7月5日メキシコ、メキシコシティ△ 2-22003 FIFA女子ワールドカップ予選プレーオフ
12.2004年4月22日日本、東京○ 6-0アテネオリンピックアジア最終予選

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/04/30 23:37 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「小林弥生」の人物情報へ