エドゥアルド・グラウ : ウィキペディア(Wikipedia)

エドゥアルド・グラウ(Eduard Grau、1981年 - )は、スペインの撮影監督である。

経歴

1981年、バルセロナに生まれる。とで学んだ。『シングルマン』や『[リミット]』、『アウェイクニング』などの撮影を手がけている。

フィルモグラフィー

長編映画

  • シングルマン A Single Man (2009年)
  • [リミット] Buried (2010年)
  • アウェイクニング The Awakening (2011年)
  • アイ・アム・ニューマン 新しい人生の見つけ方 Arthur Newman (2012年)
  • 転落の銃弾 A Single Shot (2013年)
  • フランス組曲 Suite Française (2014年)
  • 未来を花束にして Suffragette (2015年)
  • ザ・ギフト The Gift (2015年)
  • アウトサイダーズ Trespass Against Us (2016年)
  • ある少年の告白 Boy Erased (2018年)
  • シークレット・ヴォイス Quién te cantará (2018年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/04/01 01:26 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「エドゥアルド・グラウ」の人物情報へ