西尾孔志 : ウィキペディア(Wikipedia)

西尾 孔志(にしお ひろし、1974年 - )は、日本の映画監督。

経歴

大阪府出身。ビジュアルアーツ専門学校の夜間部を卒業した。同期に俳優の宇野祥平がいる。2003年、自主制作映画『ナショナルアンセム』を監督した。2005年、シネアスト・オーガニゼーション大阪(略称CO2)の助成を得て、『おちょんちゃんの愛と冒険と革命』を監督。第1回CO2にてグランプリ(大阪市長賞)を受賞した。その後、CO2のディレクターを務めた。

2013年、平田満を主演に迎えてロビン西の同名漫画を実写映画化した『ソウル・フラワー・トレイン』で商業映画デビュー。翌年のおおさかシネマフェスティバルにて新人監督賞を受賞した。

2016年、黄川田将也を主演に迎えた監督作品『函館珈琲』が公開された。同作の脚本はいとう菜のはが手がけており、2013年の函館港イルミナシオン映画祭にてシナリオ大賞を受賞している。

フィルモグラフィー

長編映画

  • ナショナルアンセム(2003年)
  • おちょんちゃんの愛と冒険と革命(2005年)
  • ソウル・フラワー・トレイン(2013年)
  • キッチン・ドライブ(2014年)
  • 函館珈琲(2016年)

短編映画

  • ループゾンビ(2005年)
  • アカシック・レコード(2006年)
  • 美しい手を汚す(2009年)

テレビドラマ

  • #セルおつ(2017年) - 脚本

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/06/03 13:50 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「西尾孔志」の人物情報へ