トクマルシューゴ : ウィキペディア(Wikipedia)

トクマル シューゴ(1980年5月29日 - )は、日本のミュージシャンである。東京都出身。

アコースティックギターを中心に、様々な楽器や、玩具などの非楽器を演奏し、多重録音による実験的なポップミュージックを生み出すことで知られる。

人物と作品

2004年にニューヨークのインディーズレーベル・Music Relatedより宅録により制作されたファーストアルバム『Night Piece』をリリース。本アルバムは日本語歌詞であるにも関わらずWIRE誌、ローリング・ストーン誌などに採り上げられる。また、辛口なレビューで知られ、インディーシーンに絶大な影響力を持つ音楽情報サイト、Pitchforkのレビューにおいても8.6/10という大変な高評価を得る。

2005年にセカンドアルバム『L.S.T.』をリリース。翌年には、ヨーロッパやニュージーランドでも相次いでリリースされ、フランスとスペインと北欧を回る初のヨーロッパ・ツアーを行った。

2007年にサードアルバム『EXIT』をリリース。本作はティーンエイジ・ファンクラブのノーマン・ブレイクなど海外のミュージシャンからも賞賛され、商業的にも成功を収めた。

2008年、FUJI ROCK FESTIVAL、みやこ音楽祭、NANO-MUGEN FES.に出演。2009年、SUMMER SONIC、ROCK IN JAPAN FESTIVAL、朝霧JAM、ROSKILDE FESTIVALに出演。同年、ニューズウィーク誌が特集した「世界が尊敬する日本人100人」に選出された。

2010年4月、4thアルバム『Port Entropy』をリリース。全国13カ所でツアーを行い全公演が即ソールドアウト。NHK『トップランナー』に出演。

2011年には『Port Entropy』を米ポリバイナル・レコーズよりリリース。ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど海外ツアーも敢行。 自身が主催するTONOFONを立ち上げフェスを開催。FUJI ROCK FESTIVAL WHITE STAGEに出演。

2012年、TONOFONよりDVD『TONOFON FESTIVAL & SOLO 2011』をリリース。

また、楽曲「Clocca」がバンクーバーオリンピックのスポット広告「Olympic Spirit」に起用された他、SONY、無印良品、進研ゼミ、森永製菓など、国内外の多くのCMで既存の楽曲やオリジナル曲が使用されている。

ライブ活動も盛んに行っており、ソロや、トクマルシューゴをフロントに据えた5人のメンバーで様々な楽器を駆使した演奏を披露する。 GELLERSというロックバンドにも在籍。

作品

アルバム

タイトル レーベル 発売日
CD-R DemoFragment非売品2003年
1st AlbumNight PieceMusic Related、Compare Notes2004年8月20日
2nd AlbumL・S・TCompare Notes、Active Suspension2005年8月25日
3rd AlbumEXITPヴァイン、StarTime International2007年10月19日
1st Mini AlbumRum HeePヴァイン2009年4月2日
4th AlbumPort EntropyPヴァイン、ポリバイナル・レコーズ2010年4月21日
5th AlbumIn Focus?Pヴァイン、ポリバイナル、High Note、Pastel Music2012年11月7日
6th AlbumTOSSPヴァイン、ポリバイナル、High Note2016年10月12日

シングル

  • Vista/Friend(2006年7月18日)(円盤)

配信限定シングル

  • そりすべり(2009年11月25日)

DVD

  • TONOFON FESTIVAL & SOLO 2011(2012年5月16日)(TONOFON)

参加作品(主にRemix)

  • Apartments "Sleeping Bird"『Apremix』(2006)
  • Moools "Tournament"『Tournament』(2006)
  • David Fenech "Spiderwoman"『Polochon Battle』(2007) ※コラボレーション
  • あがた森魚 "赤色エレジー"『赤色エレジーマニア』(2007) ※カバー
  • オムニバス "Micro Guitar Music"『極東最前線2』(2008) ※オリジナル曲
  • .tape. "With Paul"『Repainted』(2008)
  • ユニコーン (バンド) "自転車泥棒"『URMX』(2009)
  • I am robot and proud "401 Circuit"『Uphill City Remixes & Collaborations』(2010)
  • Deerhoof "Behold a Marvel in the Darkness"『Behold a Marvel in the Darkness / Hey I Can』(2010)

音楽担当

TV

  • トップランナー(NHK)
  • ミミクリーズ(NHK)
  • ニャンちゅうワールド放送局(NHK教育テレビ)
  • ミュージックビデオ専門/VMC(100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス)(SPACE SHOWER TV)
「GRIN・GRIN」(映像:本郷伸明)
  • 漫画みたいにいかない(Hulu・日本テレビ)

CM

  • 無印良品「その次があるバスタオル」「超音波アロマディフューザー」他
  • 森永製菓『いいこと、12コ。』模様替え 編

映画/舞台

  • 「コドモのコドモ」(監督:萩生田宏治)
  • 「ちんけさんと大きな女たち」(演出:近藤芳正)
  • 「グミ・チョコレート・パイン」 (監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ) ギター録音、手元ダミーで参加
  • シアターBRAVA!10周年記念シリーズ つながる音楽劇 麦ふみクーツェ~everything is symphony!!~(東京公演・2015年04月10日-19日、世田谷パブリックシアター 大阪公演・2015年4月23日-26日、シアターBRAVA!) 音響監督として参加
  • 「HOMESICK」(監督:廣原暁)
  • 「PARKS パークス」(監督:瀬田なつき

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/05/26 11:54 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「トクマルシューゴ」の人物情報へ