カール・アーバン : ウィキペディア(Wikipedia)

カール・アーバン(Karl Urban, 1972年6月7日 - )は、ニュージーランド・ウェリントン出身の俳優である。

プロフィール

俳優になるために大学を中退し、ニュージーランドの舞台やテレビで活躍。『ロード・オブ・ザ・リング』のエオメル役に抜擢されて広く知られるようになった。

デビュー当時は長髪に無精髭を生やして三枚目役や『ゴーストシップ』のマンダー役のように小汚い役柄を演じることが多かったが、エオメル役を演じて以降はイメージを一転して知的でシリアスな役を演じることが多くなった。

『スター・トレック』及び、続編の『スター・トレック イントゥ・ダークネス』ではオリジナルシリーズでデフォレスト・ケリーが演じたメインキャラクター、レナード・“ボーンズ”・マッコイを演じている。

私生活

親戚の牧場で仕事を手伝ったこともある。また、釣り、サーフィン、ロック・クライミング等が好きなスポーツマンである。

2004年に結婚し、息子が二人いる。

出演作品

映画

公開年邦題原題役名備考吹き替え
1998 ストリッパー殺人事件Heaven
2000 ミルクのお値段The Price of Milk ロブ
デモンズ2001The Irrefutable Truth About Demons ハリー松本保典
2002 ゴーストシップGhost Ship マンダー遠藤純一
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔The Lord of the Rings: The Two Towers エオメル山寺宏一
2003 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還The Lord of the Rings: The Return of the King
2004 ボーン・スプレマシーThe Bourne Supremacy キリル根本泰彦(ソフト版)津田健次郎(日本テレビ版)
リディックThe Chronicles of Riddick ヴァーコ宮内敦士
2005 DOOM ドゥームDoom ジョン・グリム堀内賢雄
2007 レジェンド・オブ・ウォーリアー 反逆の勇者Pathfinder ゴースト村治学
2009 スター・トレックStar Trek レナード・“ボーンズ”・マッコイ宮内敦士
2010 RED/レッドRed ウィリアム・クーパー川島得愛
イン・ザ・ダークネスAnd Soon the Darkness マイケル
2011 プリーストPriest ブラック・ハット東地宏樹
2012 ジャッジ・ドレッドDredd ジャッジ・ドレッド藤原啓治
2013 スター・トレック イントゥ・ダークネスStar Trek Into Darkness レナード・“ボーンズ”・マッコイ宮内敦士
Riddick ヴァーコ司令官
ウォーキングwithダイナソーWalking with Dinosaurs ザックおじさん土田大
2014 パーフェクト・ルームThe Loft ビンセント・スティーブンス佐々木啓夫
2016 スター・トレック BEYONDStar Trek Beyond レナード・“ボーンズ”・マッコイ宮内敦士
ピートと秘密の友達Pete's Dragon ギャヴィン
2017 マイティ・ソー バトルロイヤルThor: Ragnarok スカージ楠大典
リベンジャー 復讐者Acts of Vengeance ストロードNetflix配信版邦題は『ベンジェンス -復讐の自省録-』野澤英義(ソフト版)木村雅史(Netflix版)
ハングマンHangman ウィル・ルイニー金光宣明
2018 トリプル・リベンジBent ダニー・ギャラガーTBA

テレビシリーズ

放映年邦題原題役名備考吹き替え
2013-2014 ALMOST HUMAN/オールモスト・ヒューマンAlmost Human ジョン・ケネックス 計13話出演宮内敦士
2019- ザ・ボーイズThe Boys ビリー・ブッチャー メイン

参考文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/11/10 02:55 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「カール・アーバン」の人物情報へ