小野田嘉幹 : ウィキペディア(Wikipedia)

小野田 嘉幹(おのだ よしき、1925年7月12日 - )は、日本の映画監督、脚本家である。弟は俳優の平田昭彦、妹は女優の音羽美子、妻は女優の三ツ矢歌子である。

人物・来歴

1925年(大正14年)7月12日、東京府東京市(現在の東京都)に「小野田正彦」として生まれる『桜は二度咲いた 肺がんと闘い、逝った女優・三ツ矢歌子』、イースト・プレス、2006年4月、奥付の公式プロフィール。。誕生後に朝鮮(現在の大韓民国)に渡り、2年後の1927年(昭和2年)12月16日には京城府(現在のソウル特別市)で弟の昭彦が生まれている。さらに5年後の1932年(昭和7年)7月6日には妹の和子(のちの音羽美子)が生まれている。

東海科学専門学校(現東海大学)卒業後、1947年(昭和22年)に新東宝助監督部に入社した。本名の「小野田正彦」で、黒澤明稲垣浩並木鏡太郎冬島泰三らの作品で助監督を務め、1958年(昭和33年)、富士映画製作、若山富三郎主演の中篇映画『楠公二代誠忠録』で監督としてデビュー、同年、現在の「小野田嘉幹」に改名し、『人喰海女』を監督した。翌年5作、さらに翌々年の1960年(昭和35年)には4作を監督し、同年12月8日、『人喰海女』や『女奴隷船』にも出演した同社の女優・三ツ矢歌子と結婚した。

1961年(昭和36年)8月31日に会社が解散、翌日同社を分社化した配給会社・大宝が設立されると、新東宝のプロデューサーだった佐川滉の佐川プロダクションで『黒い傷あとのブルース』を撮ったが、翌年には大宝が業務停止に陥り、小野田は以降、フリーランス・ディレクターとなり、同年からテレビ映画の監督に専念した。

2004年(平成16年)3月24日、11歳年下の妻・三ツ矢歌子と死別、三回忌を迎えた2006年(平成18年)4月に妻の回想録『桜は二度咲いた』を上梓した#ビブリオグラフィ。

100作を超えるテレビ映画を手がけテレビドラマデータベース、全文検索の結果、2009年10月21日閲覧。、2008年(平成20年)4月11日放映の『剣客商売 - 春の嵐』が2009年10月現在の最新作である。

フィルモグラフィ

新東宝

助監督
  • 『唐手三四郎』 : 監督並木鏡太郎、児井プロダクション / 新東宝、1951年 - 「小野田正彦」名義
  • 『女の暦』 : 監督久松静児、1954年
  • 『快傑修羅王』 : 監督丸根賛太郎、1956年
  • 『勝鬨天魔峠』 : 監督丸根賛太郎、1956年
  • 『関八州大利根の対決』 : 監督志村敏夫、1957年
監督
  • 『楠公二代誠忠録』 : 富士映画 / 新東宝、1958年 - 本名「小野田正彦」で監督デビュー
  • 『人喰海女』 Hitogui Ama : 1958年 - 「小野田嘉幹」に改名
  • 『裸女と殺人迷路』 : 1959年
  • 『東支那海の女傑』 : 1959年
  • 『日本ロマンス旅行』 : 1959年
  • 『人形佐七捕物帖 鮮血の乳房』 : 1959年
  • 『偽りの情事』 : 富士映画 / 新東宝、1959年
  • 『女奴隷船』 : 1960年
  • 『生首奉行と鬼大名』 : 1960年
  • 『太陽と血と砂』 : 1960年
  • 『女巌窟王』 : 1960年 - 監督・脚本
  • 『女王蜂の逆襲』 : 1961年
  • 『俺は都会の山男』 : 1961年
  • 『お笑い三人組 泣き虫弱虫かんの虫』 : 1961年
  • 『お笑い三人組 怪しい奴にご用心』 : 1961年
  • 『黒い傷あとのブルース』 : 佐川プロダクション / 大宝、1961年

テレビ映画

  • 『剣』 : NTV・C.A.L
  • 『女が階段を上る時』 : 1970年
  • 『オパールとサファイア』(NTV・東宝)
  • 『張込み』 : NTV
  • 『裸の大将放浪記』 : 関西テレビ・東阪企画
  • 『三どしま』 : TBS
  • 『鬼平犯科帳』 : NET・東宝、 CX・松竹
松本白鸚から中村吉右衛門まで、監督を担当。末期は監修。
  • 『剣客商売』 : CX・東宝、CX・松竹
加藤剛山形勲から藤田まこと山口馬木也(スペシャル版を含む)まで、監督を担当。
  • 『続・木枯し紋次郎』 : CX・C.A.L
  • 『八州犯科帳』 : CX・C.A.L
  • 『大盗賊 (テレビドラマ)』 : CX・丹波プロダクション・国際放映
  • 『江戸の旋風シリーズ』 : CX・東宝
  • 『闇を斬る!大江戸犯科帳』: NTV・ユニオン映画
  • 『江戸の用心棒シリーズ(高橋英樹版)』: NTV・ユニオン映画

映画

  • 『鬼平犯科帳』 : 松竹・フジテレビジョン / 松竹、1995年
  • 『伊能忠敬 子午線の夢』 : 『伊能忠敬』製作営業委員会 / 東映、2001年

ビブリオグラフィ

国立国会図書館蔵書NDL-OPAC検索結果、国立国会図書館、2009年10月21日閲覧。。

  • 『桜は二度咲いた 肺がんと闘い、逝った女優・三ツ矢歌子』、イースト・プレス、2006年4月 ISBN 4872576721

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/05/17 03:35 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「小野田嘉幹」の人物情報へ