マーク・ボンバック : ウィキペディア(Wikipedia)

マーク・ボンバックMark Bomback, 1971年8月29日 - )は、アメリカ合衆国の脚本家である。ニューヨーク州ニューロシェル出身である。ウェズリアン大学で英文学と映画を学び、卒業したMark Bomback Screenwriter's Utopia。

フィルモグラフィ

  • The Night Caller (1998) 脚本
  • アダム -神の使い 悪魔の子- Godsend (2004) 脚本・共同製作
  • ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007) 原案・脚本
  • 彼が二度愛したS Deception (2008) 脚本
  • ウィッチマウンテン/地図から消された山 Race to Witch Mountain (2009) 脚本
  • アンストッパブル Unstoppable (2010) 脚本
  • トータル・リコール Total Recall (2012) 脚本
  • ジャックと天空の巨人 Jack the Giant Slayer (2013) 脚本
  • The Wolverine (2013) 脚本
  • Dawn of the Planet of the Apes (2014) 脚本・製作総指揮
  • ダイバージェントNEO The Divergent Series: Insurgent (2015) 脚本
  • War for the Planet of the Apes (2017) 脚本

参考文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2017/09/19 21:32 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「マーク・ボンバック」の人物情報へ